焼肉店での接待の場で肉を焼く係のマナーについて

2019年8月7日飲み会

焼肉店における接待では役職が低い人が肉を焼く

Hokkaido 635019 640

焼肉店を接待の場所として選んだ際には、いくつかのマナーがあります。一般的には、その場の参加者の中で一番役職の低い人が肉を焼くということがマナーであると言います。上司に同伴して焼肉店で接待をする際には「自分が肉を焼く係だ」という意識を持ちましょう。

交代しながら焼く気遣いもマナーのひとつ

しかし、接待される側の人が最年少である場合には、少々事情が異なり、あくまで招待した側の人間で焼くという習慣があります。それでも一人の人がずっと焼肉を焼くことを続けるのも気がねしてしまうので、気を遣いながら交代で行うということも接待で焼肉を焼く上で重要なことだと心得ておきましょう。

接待相手が焼いてくれた際のマナー

焼肉店で接待をする際に、場合によっては接待相手が焼肉を焼いてくれることがあります。そういった焼いてもらうケースでも、当然守るべきマナーがあります。

相手が焼いてくれた際のマナー

  • 手塩をかけて焼いている肉には手を出さない
  • 好みの焼き加減を事前に伝えておく

という暗黙のルールがあり、こうしたことを守ることで肉を焼く側の気苦労も少しは和らぎます。焼く側への余計な気遣いを増やさないように配慮するのも、焼肉店で接待するときのマナーのひとつと言えるでしょう。

焼く人のわがままを通しすぎない

焼いてくれる接待相手が焼き方にこだわっている場合もあるので、初めから焼き加減を指定するのではなく、一度食べてみてから焼き加減の調整をお願いするのも良いです。焼肉を楽しむコツだといえます。

焼く係を任されたら事前に焼き方をリサーチ

焼肉店での接待という事で、肉を焼く担当となった人はいかにおいしい状態で提供するのかを考慮しなければなりません。おいしいお肉を口にして、そこから話が広がっていくこともあるので、焼き加減を担う焼き手の役割は非常に大きいと言えるでしょう。

焼き加減については、本番でいきなり試すと失敗する可能性もあるので、予め部位ごとの焼き方をリサーチしておくことが重要です。

焼肉店の従業員から焼き方を学ぼう

お店の店員さんならば、焼き加減について適切なアドバイスをもらえるので、しっかりメモを取ってから実践してみましょう。店員さんが焼いてくれるところもあるので、一度食べてみて焼き加減を味わってから判断できるようにするのも良いです。

焼肉店の接待で肉を焼く係を任されたら気遣いを忘れずに

焼肉店での接待は、通常のお店と違って汚れやすいところでもあります。飛び散る脂で召し物が汚れたりする可能性も十分に考えられるので、しかるべき対策をしておく必要があります。

お店で用意している紙エプロンでは小さいことも考えられるので、必要に応じて用意しておくのもアリです。取引先を満足させられるような接待を心がけ、焼肉を焼く方法を身に着けながらうまく立ち回ることが望まれるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月7日ビジネス

Posted by BiZPARK