【忘年会の2次会費用】どういった場合に会社負担の交際費になるのか?

会社負担, 飲み会

忘年会で年末は懐が痛い・・

忘年会というのは、年末に一気に開催されます。楽しい反面、費用がかさむというのが痛いところです。懐の具合も厳しくなってきます。

そんなときに、忘年会の費用や、忘年会の2次会の費用を、会社が負担してくれたら嬉しいですよね。

忘年会や忘年会の2次会における費用の会社負担

こういった忘年会や、忘年会の2次会の費用を会社が負担できるかどうか、というのは、上司の承認次第と思っていないでしょうか。

実はそうではないのです。こういった忘年会や、忘年会の2次会、その他宴会などの費用を、会社負担にする場合というのは、会社の計上のルールによって、扱いがきちんと定められているのです。

忘年会などの宴会費用を会社負担とする場合

忘年会などの宴会費用を、会社が全額負担してくれるという場合もあります。これは嬉しいものですが、その経費の計上については、全てが同じというわけではないのです。そのイベントの内容によって二種類に分けられます。

福利厚生費と交際費の違い

会社負担となる忘年会や、その2次会費用というのは、内容によって、経費処理が違います。ひとつが、福利厚生費、そしてもうひとつが交際費となるのです。

税法上、こまかなルールはありますが、大枠でいうと、福利厚生費というのは、社員のための飲み会である場合に使われます。そして、交際費は、それ以外、例えば接待としての飲み会であったり、社内交際費と呼ばれる物であったりする場合に使われます。

忘年会の2次会は福利厚生費?交際費?

忘年会の2次会ですが、まずは社員だけの忘年会だった場合を考えてみましょう。この場合、福利厚生費になるかどうかです。

福利厚生費は、社員みなに対しての福利厚生である必要があります。そのため、社員だけの忘年会であっても、特定のメンバーだけ、有志だけの参加であれば、福利厚生費とはなりません。あとは、会社が、これを社内交際費として認めてくれるかどうか、になってきます。

接待の忘年会の2次会は交際費

それでは、接待の場合の忘年会であればどうでしょうか。これは、交際費として認められる可能性が高くなります。忘年会自体も交際費であれば、その延長で、同じメンバーでの忘年会の2次会であれば、それも交際費として認められる場合が多いでしょう。

ただ、会社によっては、交際費の上限を定めている場合もありますので、それはきちんと確認が必要です。

接待の忘年会であれば、2次会も交際費の可能性がある

忘年会や忘年会の2次会の費用が会社負担となるのは、福利厚生費か交際費という場合になります。ただこれは絶対とは言えないようです。

忘年会の費用の場合、会計上のルールと、あとは会社ごとのルールがありますので、接待ではない場合の忘年会の2次会まで交際費とできるかどうかは、計上ルールの確認が必要でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職