雇用保険受給資格者証を紛失した場合の正しい再発行方法

雇用保険受給資格者証

雇用保険受給資格者証とは?いつ発行?

Board 776688 1920

雇用保険受給資格者証とはどのような書類か知っていますか? 何らかの理由で仕事を退職してしまった際に利用するのが雇用保険の支援制度。雇用保険とは、再就職を望む離職者が安心して、就職活動を行えるための給付金制度です。では、雇用保険受給資格者証はどういった役割を持つのでしょうか。

失業手当の受給資格を証明するもの

雇用保険受給資格者証とは失業手当の受給資格を証明するものです。離職者はまず管轄するハローワークで求職申し込みを行い、離職票を提出します。雇用保険を受給するまでは段階を踏んでいきます。その過程で発行されるのが雇用保険受給資格者証です。

雇用保険受給資格者証は受給説明会後に発行

まずは受給資格確認後に、後日行われる受給説明会に参加します。その後、4週間に1度の失業状態である確認が行われて、失業認定されると雇用保険が給付されます。その間、就職活動を行っているというのが条件です。

雇用保険受給資格者証はハローワークで雇用保険の手続き後に行われる受給説明会で発行されます。

雇用保険受給資格者証は失業保険の認定日に必要

雇用保険受給資格者証は失業保険の認定日に必要となります。4週間に一度ある失業保険の認定日。現在の就職活動の状況などを記入する「失業認定申告書」とともに、雇用保険受給資格者証を提出します。

雇用保険受給資格者証の見方

雇用保険受給資格者証とは雇用保険受給資格者証が発行されるタイミングはおわかりになりましたか。つぎに雇用保険受給資格者証の見方についてみていきましょう。

雇用保険受給資格者証の見方に必要な14項目

雇用保険受給資格者証の見方に必要な14項目を紹介します。

①支給番号

受給のための番号。ハローワークなどで問い合わせする際に使います

②氏名

カタカナ表記。読み方が間違っていると金融機関に振り込みができないので注意。

③被保険者番号

これまでの被保険者番号。

④年齢

離職時の満年齢が表記。

⑤生年月日

1桁目の3は昭和。4は平成という意味

⑤支払方法

支払方法を指定した金融機関名、支店名、口座番号

⑥認定日

左側は週型。右側は曜日。

⑦離職年月日理由

離職した日と離職理由の番号で表記

11、12 ・・「解雇」

25 ・・「定年」

40、50 ・・「正当な理由のない自己都合退職」

⑧離職時賃金日額

離職する直前6か月に給与の合計を180で割った額(賞与は除く)。

⑨給付制限

給付制限がある場合はその期間を表記。

⑩受給期間満了日

雇用保険を受けることができる期間の最終日。

⑪基本手当日額

基本手当の1日分の金額。 

⑫所定給付日数

基本手当を受けることができる上限日数。

⑬通算日保険期間

雇用保険に加入していた機関の通算。

⑭再就職手当支給歴

以前、再就職手当を受けたことがある場合は、最後に支給を受けた日を表記。

以上が雇用保険受給資格者証の見方に必要な14項目です。

雇用保険受給資格者証を紛失したら再発行できる?

Yes 238378 1280

雇用保険受給資格者証の見方については理解できましたか。仮に間違いがあった場合はすぐにハローワークに連絡してください。

大事な雇用保険受給資格者証。ではこの雇用保険受給資格者証を紛失したら再発行は可能なのでしょうか。

雇用保険受給資格者証を紛失したらハローワークに連絡

もしも雇用保険受給資格者証を紛失したらハローワークに連絡してください。悪用される場合もあるからです。利用しているハローワークに連絡を行い、紛失した旨を伝えましょう。

雇用保険受給資格者証を再発行する際は身分証書を忘れず

雇用保険受給資格者証の再発行は、もちろんハローワークで行います。その際は身分証明となる運転免許証や写真や印鑑を持っていてください。

雇用保険受給資格者証の発行・再発行の仕方と見方を覚えよう

今回は「雇用保険受給資格者証とは?発行・再発行・見方に関する基礎知識」と題してみてきましたが、いかがでしたか。雇用保険受給資格者証表記されている言葉はひとつひとつ意味があります。きちんと見方を覚えましょう。また雇用保険受給資格者証の発行、再発行の仕方も合わせて覚えておいて、損はありません。

難しいイメージがある雇用保険受給資格者証をこの機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職