飲み会へ強制参加させられそうなときの断り方

2016年11月29日飲み会

強制参加させられそうなときの断り方① 体質を理由に断わる

Analysis 680572 640

もし強制的に会社の飲み会への参加を強制されたら、体質を理由に飲み会への参加を断わるという対処方法があります。どうしても体質的に参加ができないというのであれば、強制的に参加させようという雰囲気もなくなってくるでしょう。

アレルギーを理由に強制参加を断る

具体的には、「アルコールアレルギーでアルコールの臭いだけで気持ち悪くなってしまうので申しわけありません。」と言ったり、「タバコのアレルギーでタバコを吸う方の居る場所に行けない」というような、理由を作ったりするのがオススメ。

こういうような理由があって断る人ならば、どんな人でも強制的に飲み会に誘おうとは思わなくなりますよね。ですから非常に有効です。

強制参加させられそうなときの断り方② 病気を理由に断る

強制参加の飲み会を断わることができるのは、何も体質だけではありません。

似たようなものですが、病気を理由にすれば確実に波風立てることなく断ることができるでしょう。肝臓などの内臓系の病気で行っても水しかのめないし、夜には通院があるという理由にすれば強い理由となります。

数回は病気の理由で強制参加を断るのがオススメ

この方法では、いつか治らせないとならないので、いつまでも拒否し続けるわけにはいかないというデメリットはありますが、それでも数回はこの理由で断ることができるようになるでしょう。

数回拒否しているうちに、強制参加の飲み会にも誘われなくなるかもしれませんし、病気や通院を理由にするというのも非常におすすめです。

強制参加させられそうなときの断り方③ スポーツやボランティアで断るのも◎

スポーツやボランティアをしていることにするというのも、強制参加の飲み会の断り方で、おすすめできる方法。

最近では、地域のフットサルチームなどに参加している方も非常に多いですし、夜な夜なボランティア活動に精を出している方も少なくありません。なので、そういう理由で断っても疑われることはないでしょう。

スポーツなどに参加している設定にして疑われない断り方を

疑われることもありませんし、スポーツやボランティアの理由であれば、飲み会に強制的に来いとは、言えなくなるものです。

スポーツやボランティアと縁遠いという方には、おすすめできませんが、ある程度普段からそういうことに興味があるという感じを出していた方なら、間違いなく使える方法でしょう。

飲み会に強制参加でも行く必要なんてないですが、上手い断り方を

以上、飲み会への参加を強制された時の対処方法のご紹介でした。

たとえその会社内で飲み会への参加は強制と言われていたとしても、参加する必要なんてまったくありません。強制的に飲み会への参加をさせることは違法ですし、会社としてそこを強く押すとパワハラとなってしまうので、あまり強くは押せないものなのです。

ですから、たとえ強制参加と言われようと、到底有意義とは思えないようなものには、参加する必要なんて全くありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK