面接で嘘をつくときに必要な配慮とは

選考対策

面接官からの質問には嘘はつかず正直に答えるべき

Notepad 690335 640

企業の採用試験において、面接は避けては通れないもの。面接では、真面目で礼儀正しい対応と面接官からの質問に簡潔で具体的に回答することが大切です。

面接官からのすべての質問には正直に答えるべきであり、嘘をついてはいけません。そもそも嘘をつく必要性はありませんし、嘘の回答はすぐに面接官に見抜かます。ただマイナス評価されるだけです。

嘘をついて採用されたとしても後々自分が困る

もし質問への回答に困って嘘をついた場合、しぐさや表情からすぐに嘘であると面接官にばれてしまいます。嘘の回答に対して深掘りする質問をされた場合、さらに嘘を重ねていかなければなりません。嘘がばれずに採用されたとしても、後々自分が困ってしまうのが目に見えています。採用後に面接でついた嘘がばれたら気まずいですよね。

ですから面接で嘘はつく必要はないと言えますし、嘘をつくくらいなら初めから正直に質問に答えるべきなのです。嘘をついて自分自身の首を絞めるようなことをする必要はないでしょう。嘘がばれた時のリスクを考えると、嘘をつく気にならないと思います。

もし面接で嘘をつくのであれば、絶対にばれない様に配慮が必要になります。

面接で嘘をつくと表情や体の動きに変化が表れる

面接において、面接官からの質問に対する回答で嘘をついた場合、敏感な面接官であればすぐに嘘だと見抜きます。面接で嘘をつくと、その瞬間に表情や体の動きに変化が見られます。もし嘘をつきとおすなら、表情や体の動きにも注意する必要があるのです。

そうしなければ、嘘でせっかくの面接を台無しにしてしまうことになります。

嘘をつきとおすなら視線を逸らす・早口になるなどの変化が出ないように注意が必要

面接で嘘をついた場合、目の動きや体の動き、口調などから嘘をついたことがばれます。

例えば、面接官からの質問に嘘の回答をすると、無意識のうちにそれまで合わせていた視線を逸らしたり、視線が泳いだりします。

他にも急に汗をかく、落ち着きがなくなる、声が若干震える、早口になる、話している内容の文脈がおかしくなるなど。嘘をつくとさまざまな変化が表れるのです。

このような変化から嘘だと見抜かれるため、面接で嘘をついた時はこれらの変化を面接官に見られないように、言動に注意が必要なのです。

面接で嘘をつきとおせた人は感情コントロールに長けているということ

面接で嘘をつき、しかも面接官に嘘だと見抜かれた場合、マイナス評価にしかなりません。

しかし、一切疑われることなく嘘をつきとおすことができたら、それはその人の持つ能力と言ってよいでしょう。

嘘をついても表情も変えず態度にも出ず、精神的にも落ち着いていて全く動揺を見せない人は、度胸がある、肝が据わっている人と言えます。顔にも嘘が出ないと言うことは、感情コントロールに長けているということであり、これは優れた能力なのです。

Business 740074 640

ただし入社後も嘘だとばれないように配慮が必要

嘘がばれずに面接が終了した場合、それはつまり「嘘が嘘になっていない」ということですから、面接官よりも嘘をついた人のほうが一枚上手だったということでしょう。

ただし、入社後に困るような大きな嘘は虚偽として問題となる場合もありますから、どの質問に対して嘘の回答をするかの判断には注意が必要です。

結局は、嘘をつかずに正直に答えることがもっとも安全でしょう。

面接で嘘をつくなら言動に配慮が必要!正直に答えるのがもっとも安全

面接で嘘が平気で付ける人は、ある意味感情コントロールが上手く言葉巧みだと言えるでしょう。しかし小さな嘘でも嘘に嘘を重ねて行けば、だんだん大きな嘘に繋がってしまいますし、必要な嘘も仕事上にはありますが、嘘はあくまでも嘘なので真実にはなり得ないと言えます。

そのため面接はやはり嘘をつかず正直に対応したほうが自分自身も安心して面接を受けられますし、嘘で面接を通過してもその嘘が後になって自分を追いつめることもあるかもしれません。嘘をつきそうになったら、嘘がばれた時のリスクを考えましょう。

面接に求められているのは面接官の質問にどれだけ正直に、そして的確に答えられるかという適応力だと言えますから、嘘をつかなくても対応できるように対策をしておく必要があるでしょう。やむを得ずに嘘が必要な状況になった場合は堂々とした態度で感情コントロールをし最後までばれない努力をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職