後輩育成で重要なのは?目標を設定した指導方法

教育法, 目標

後輩育成で難しいのは指導されても目標が設定されていないこと

Business idea 1240834 960 720

後輩育成の上で、一番難しいことは何でしょうか。それは、いつまでも後輩が受け身で仕事をしている場合の指導などではないでしょうか。指示を受けてからでないと行動ができないなどです。指導待ちになって自分での目標がない場合などは心配です。また、後輩育成であまりに上から指導ばかりしてしまっていないかも反省しましょう。先輩としても時には後輩に任せているのかどうかを振り返ることも後輩育成には必要です。

後輩育成には経験や実力に応じた目標設定が重要になる

後輩が仕事に慣れてきたら、まず後輩に目標を持たせることが、後輩育成で大事です。それを目標に自分で行動ができるようにするための目標です。後輩の経験や実力に応じた目標を立てさせることです。それも一つではない、指導に応じた細かい後輩育成の目標が大事です。その際に、先輩としては、あまり大きな目標になって実現できずに諦めてしまうような目標でないかを確認して下さい。

会社がたてる目標から逆算して後輩に目標を課す

目標管理と言う言葉がありますが、会社での目標管理とは会社全体の目標を達成するために一人一人が目標を立ててそれを実行に移すものです。後輩育成の際には会社が求めている人材を意識させることも大事です。そして、あくまでもそれぞれが実行に移せることを目標に掲げ、それがひいては会社に貢献するものになればいいと言えるものです。

大きな・小さな目標を設定して指導する

後輩育成の際に自己の目標管理を指導する場合には、大きな目標と小さな目標の両方を掲げることも指導します。会社の目標などに対する大きな目標と自分でもすぐにできる目標を設定するように助言します。また長期目標とすぐにできる短期目標ということでもいいでしょう。短期目標を積み上げることで長期の目標が達成できるようになります。

目標を達成するにあたり具体的な行動を明示するのが大切

その際に、後輩がきちんと目標を設定したら、それに対する具体的な行動をいくつか挙げさせることが大事です。目標のための行動をより具体化することができるかどうかが後輩育成の大事な所です。自分でどれだけの具体的な行動を挙げることができるかです。具体的な数値目標やいつまでにするなど、目に見える形での行動を後輩に挙げさせることが必要です。

目標設定が出来たらあまり口うるさく指導せずに見守ることも大切

目標設定ができたら、あとはあまり口を出さずにそれを見守ることが先輩の役目です。困った時の助言だけにして、小さな目標や短期の目標ができたかどうかだけを確認してあげて下さい。半年単位などで目標の振り返りをすることが必要です。あとは、後輩が自分で目標を達成できたという達成感や会社に貢献できたという実感が持てるようにすることです。目標に挫折しないように見守ることも大事です。

後輩育成では会社の指針をもとにした目標設定が大切になり指導は口うるさくしない

目標は、ステップであり、一つ一つをクリアしていくことで大きな目標へと近づくことができます。目標を自己管理できる後輩育成ができれば、自然に会社全体も業績も上がっていくことでしょう。会社が求めている人材になろうとする目標が設定できるよう指導し、一緒に振り返り、達成感が感じられるように一つずつ見守っていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス