サボる社員の管理の仕方

教育法

サボる社員の特徴【男性編】

A0002 008323

男性と女性でサボりやすい原因は異なるのでしょうか?

まず男性社員がサボってしまう原因とその場所について説明します。サボる社員の原因を把握し、上司は管理の対策を練るようにしましょう。

図書館や飲食店などはサボりやすい場所

ファミレスや喫茶店などの飲食店であれば、万が一同じ店で誰かに目撃されたとしても、「食事中でした」と言えます。

また、図書館であれば「調べ物をしていた」などの言い訳が出来てしまいます。

また、大きな公園や墓地など、車で営業をしている営業マンにとってはリフレッシュできる場所です。

早く帰りたいと思っても早く帰れない状況

成績が悪いのにも関わらず、定時でさっさと直帰しようとすれば白い目で見られますから、中々席を立てないといった場合や、早朝から夜遅くまで働いて、たまには早く帰りたいと思っても先輩社員からのいじめとしか思えないようなミーティングやロープレはサボりやすい原因の一つです。

みなし残業制で残業代すら出ない

常時、睡眠不足でふらふらしている営業マンもたくさんいます。

更に、「みなし残業制」の企業も多く、残業代すら出ない会社というのもたくさんあります。

サボる社員の特徴【女性編】

多くの人が、男性よりも女性社員はサボらないと考えがちですが、女性でもサボる社員は男性以上にサボります。では女性の場合、どのようにサボってしまうのか。見ていきましょう。

喫茶店や化粧直しなどがサボりやすい場所

女性は男性ほどサボりやすい手段といったものは持っていません。サボる社員はせいぜい喫茶店でコーヒーを飲むか、デパートでショッピングするくらいでしょう。

また、女性は煙草を吸う人が少ない為、一般に席を離れている時間は男性より短めの傾向があります。

化粧室で化粧直しをしたり、携帯メールを打ったりしている人はもちろんいるでしょう。

気分転換の為にサボる

仕事は過程よりも実績を求められるものである為、実績が伴うなら仕事のスタイルは自由です。

その為、息抜きの為にサボり、気分転換をしていかないとやっていけないといった声もあります。

サボる社員の管理方法

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7 m

男女別でサボる原因と場所について見ていきました。では、このようにサボる社員を上司はどのように管理していけば良いのか。ここではサボる社員に対しての管理方法を記述致します。

サボる社員への管理方法①GPS機能を利用した勤怠管理アプリ

GPS機能を利用した勤怠管理アプリを利用すれば、

「ルート営業」「移動販売」「緊急時の出勤・出動を要する業務」など、今まであったタイムカードでは困難だった勤怠管理を、より簡単かつ正確に行うことが出来ます。

GPS機能を使えば、位置情報を把握できるため、よくサボる社員はウソを報告したり、直帰やサボりもしずらくなります。

従業員にとっても、定時連絡や日報記入の手間を軽減することもできます。

サボる社員への管理方法②上司の同行

そもそもサボる社員や直帰に対して監視や管理が必要ということであれば、普段のマネジメントが機能していないということにも繋がります。

モラルの低下からこういった取り組みが必要になるわけです。

その為、しっかりと「目的」「目標」「戦略」を落とし込み、「結果」とそれに至るマネジメントを行った方がいいです。

その為、直帰やサボる社員の行動を把握したい場合は同行がオススメなのです。

サボる社員の直帰やサボり対策には上司が同行するかGPS付き勤怠アプリが有効!

サボる社員や直帰する社員の管理の仕方について見ていきました。直帰やサボりに関して、確かに男性・女性の営業マンもやってはいけない事ですが、反対の見方をしますと上司が部下を管理できていないともいえます。そのため部下にとやかく言うだけでなく、上司も行動を起こして部下に示すようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス