部下の育て方&上司の在り方「3つのポイント」

2017年6月28日教育法

部下の育て方&上司の在り方①:論理的に説明する

Entrepreneur 593361 960 720

優秀な人材へと部下を成長させる為の育て方を実践する上で、叱咤激励の際に論理的に話すのが最も重要です。日頃のストレスを発散させるようにして部下に怒鳴り散らしてしまうのはNGです。逆にモチベーションを下げたり、精神的に追い詰めて、退職されたりする場合があります。

部下にミスの原因や解決策を理解させるのが大事

部下を叱る際には、論理的に話す方法が1番です。ミスの原因を把握してもらえて、二度と同じミスをしないように注意してもらえます。仕事でミスは誰に迷惑がかかるのかや、ミスの原因を解決するアドバイスをして、しっかりと理解してもらいましょう。感情に身を任せて叱咤する場合は受け流されてしまう可能性が高いので逆効果です。

部下の育て方&上司の在り方②:モチベーションをUPさせる

%e9%a3%9b%e3%81%b6%e3%80%80%e9%9d%92%e7%a9%ba

仕事に対するモチベーションを引き出す育て方は、結果的に部署の業績アップに繋がります。一見、褒める部分が無いと思っても、褒める部分を見つけるのが上司の使命なので、どこか一つでも褒められる部分を見つけましょう。ミスをして落ち込んでいる部下は、まずは褒めてモチベーションを上げさせるのが効果的です。

上司は部下とコミュニケーションを取ることで信頼を築こう

部下の育て方の方法の1つで部下と頻繁に飲みに行くなどして、コミュニケーションを取る方法があります。コミュニケーションをしっかり取っておくと、上司に迷惑をかけない様に仕事を進めるように部下が配慮したり、悩み事があった時に相談してもらいやすくなったりします。育て方一つで、部下の成長を左右します。

部下の育て方&上司の在り方③:様々な経験を積ませる

Sport 562154 960 720

人は経験を積むことによって、その過程で様々な事を学べます。上司は部下に様々な経験を積む育て方をしましょう。様々な経験を積ませて、上司は部下を人として成長させれば、常にサポートをしていなくても、部下に勝手に成長してもらえます。育て方の一つとして上司は部下に対し、一つの業務だけではなく、新しい業務を振り分けて、新しいことに挑戦させるようにしましょう。

上司は部下のキャパシティに合わせて仕事を割り振る

部下に様々な経験をさせるという育て方は、成功すれば部下の出世にも繋がります。しかし、新しい経験をさせ過ぎると、部下のキャパシティを超えてしまい、精神を病んでしまう恐れがあります。

育て方によってはモチベーションが高い人物であっても、精神的には脆い場合もあるので、上司はしっかりと部下の性格や能力を読み取りましょう。部下の適性に合わせて、正しく仕事を割り振ることが求められます。

部下の育て方&上司の在り方では「論理性・モチベーション管理・適性」を考えよう

部下の育て方&上司の在り方では、上司は部下に合わせた育て方を考えることが大事です。その結果、部下は効率よく成長してもらえます。部下に合っていない育て方をしてしまうと、返ってミスが頻発し、モチベーションが低くなる場合があります。慎重に育て方を考えて下さい。

上司の育て方のおかげで自分の育てた部下が成長したり、出世したりすれば、周囲からも評価してもらえるはずです。上司の育て方がよければ、部下からの信頼も厚くなり、噂も広がることでしょう。総合的な能力の高さを評価されて、更なる出世も見えてきます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年6月28日転職

Posted by BiZPARK