古着屋の仕事内容と働くために必要なスキル|適性や魅力を確認

2017年6月28日古着屋

古着屋の仕事内容を確認しよう

Clothes 1834650 960 720

アパレルの仕事はデザイナーやバイヤーなど多岐に渡ります。その中でも、店舗に出て接客を行う販売職の仕事はオシャレ好きの人に人気の職業です。

ファッションを取り扱う店舗には、中古の服を取り扱う古着屋があります。その業務内容は以下の通りです。

古着屋の仕事内容

  • 接客対応
  • レジ打ち
  • 買取査定

テキパキとした動きと服への知識が必要になる

古着屋の仕事は他のアパレル店舗と同様に、接客業務がメインになります。来店したお客さんへの対応として服の紹介やレジ打ちなどを行います。ある程度経験を積むことで、買取査定を行えるようにもなります。

買取は持ち込まれた服やバッグ、靴を確認して買い取り価格を設定するものです。洋服のブランドへの深い知識が必要とされ、ときにはネットの情報を使って査定額を決めていきます。

古着屋として働くことで感じられる魅力

様々なファッションを扱うアパレル関係の仕事の中において、古着屋として働く魅力はどこにあるのでしょうか。まず、接客を行うためにコミュニケーション面でのやりがいを感じられるでしょう。一期一会の出会いがある古着屋では、知らないブランドも多いです。お客様から質問される機会も増えるため、納得して購入してもらえるだけの接客スキルが必要になります。

元の持ち主の思い出を演出してきた一着を、他の人に譲っていく仕事としてのやりがいが得られるはずです。

古着屋として働くことで得られるスキル

続いては、古着屋で働くことでスキルを身に着けることができるかを確認していきましょう。

まずは、洋服への知識を大幅に増やすことができます。人気ブランドや歴史のあるメーカーの服を実際に手に取ることができる点は大きいです。生地の質感や厚みなど、雑誌やWEB上の情報だけでは分からない点を知ることができます。

商品の陳列や交渉のスキルも身に付く

買い取った服の陳列にもセンスが求められます。ユーザーから見て見栄え買いかどうか、実際に手に取ってみたいと思える配置かどうかも重要な要素です。売上に繋がる陳列やレイアウトの仕方を身に付けられれば、大きなスキルになります。

また、店舗によっては個人客以外にもメーカーや海外からの輸入代行業者と取引しているケースもあります。その際には価格の交渉など、営業としてのスキルも身に着けられるでしょう。接客と合わせてコミュニケーション能力は必要不可欠であり、古着屋での経験は大きな強みになるはずです。

古着屋で働くのに向いているのはこんな人

古着屋という職種には、一体どのようなタイプの人が向いているのでしょうか?主に人と接するのが好きなこと、洋服やファッションが好きであることが重要になります。古着屋も接客業であるため、ときにはクレームに晒されることもあるでしょう。そのときに、気持ちを切り替えていくには服が好きであるという気持ちが大切です。そして、仕入れた服の良さを知ってもらい、より多くのお客さんの手に渡っていくように行動に移せる心意気が大切です。

古着屋の仕事内容は接客や仕入れ・査定など!接客のスキルのある洋服好きが向いている

古着屋の仕事内容は接客や陳列、買取査定などがメインです。そのため、洋服への知識と接客スキルがあると、働くうえで有利になるでしょう。

古着屋の魅力は、自身のセンスや個性にあった商品を仕入れることで、それが売り上げに現れる点にあります。誰かと思い出を共にした服を、次の人に受け継いでいく。その仲介を行う古着屋の仕事を目指してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年6月28日転職

Posted by BiZPARK