今年の抱負の書き方を工夫して目標達成につなげる方法

目標

今年の抱負の書き方が目標達成の可否につながる

Santyounoyoake

今年の抱負の書き方を変えてみるだけで、目標の達成に繋がるかもしれません。抱負とはあくまで自己目標や夢のことですから、自分が心から達成したいと思う内容をきちんと文章化することが、今年の抱負の書き方となるのです。目標達成のために、まずは今年の抱負の書き方を変えてみましょう。

多くの目標をリストアップしその中から選ぶ書き方がおすすめ

実りある今年の抱負の書き方としては、頑張って手帳に100個ぐらい、かなったらいいなと思える目標をリストアップしてみるという方法があります。その100個の抱負を「仕事」「家庭」「自己実現」「健康」の4つのカテゴリに分類して、優先順位をつけて並べ替えてみましょう。

目標を人前で公言することで達成につなげる

上記でご紹介した今年の抱負の書き方で目標をリストアップしたとき、人前でオープンにしてもよい内容についてピックアップして、絶対かなえる今年の抱負としてあちこちに書いたり、他人に発表したりするのがオススメです。そうすることで、後戻りができない心理になります。

年賀状・ブログ・SNSを利用しよう

目標を公言する場所としては、年賀状やブログやFacebookがよいでしょう。ブログやFacebookを習慣的に熱心に更新している人は、ぜひ今年の抱負を前年度からブログで何度も公表しましょう。「有言実行」が叫ばれる現在ですから、読者を意識できるツールを利用するのが有効です。

会社関係の年賀状には分かりやすく目標を絞って書く

会社関係の年賀状に関する今年の抱負の書き方ですが、来年度の目標を分かり易く1点〜3点以内に絞ります。前年度の反省や感謝をベースにして、新年からは具体的にこういう抱負を達成する、という前向きな意欲を伝えらえると満点です。なるべく具体的に言いきるほうがより確かな感じがします。

公言できない目標は書き初めなどにして気を引き締めるのがおすすめ

本当に達成したい目標や抱負はうっかり人に言えないこともあるでしょう。そんな場合に目標を達成するための今年の抱負の書き方ですが、新年なら書初めにしてみるのもよいでしょう。その墨の文字を見ただけで気持ちが引き締まるという点もあります。書初めにする場合もそうですが、なるべく抱負を短く言い切ると叶いやすいです。

目標を公言するなど今年の抱負の書き方を工夫して達成につなげよう

目標を達成するための今年の抱負の書き方についてご紹介しました。多くの目標をリストアップして、その中からより達成したいものを選び、公言できるものとできないものに分けましょう。公言できる目標は、SNSや年賀状を使って積極的に公表しましょう。公言できない目標であれば、書き初めなどをして気を引き締めるのがよいでしょう。このような今年の抱負の書き方を目標達成につなげてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職