上司に注意された時の対応術

2016年11月29日上司, 仕事術

上司から注意される理由って何?

Gf01a201502071400

今回は、上司に注意された時の対応術について紹介しますが、

上司から注意されるのはどういった理由でしょう。注意される原因としては「仕事の態度が悪い」とか「ミスをした」など多々あると思います。

ではなぜそのようなとき、上司は注意するのか。その根本的な理由を知ることで、注意を受けた際の正しい対応も自ずと見えてくるはずです。

自分で考える力を養うために注意しています

上司が依頼したものと違う内容の資料を作成し、提出してしまった。こういう失敗よくありますよね。そんなとき、上司は間違いなく注意してくるでしょう。

でもそれは、違う資料を提出した事に注意しているわけではありません。なぜこのような事態に至ったかという点について指摘しているはずです。

上司だったから良かったものの、これが顧客に対するものだった場合は大問題です。

これを未然に防ぐためには資料作成を依頼されたときに、まずその目的等を考える必要があります。不明確な点があれば確認すべきです。

そういった一つ一つの行為を自分で考えながら実行していく力を身に付けていくために、上司は注意をするのだといのを心に留めておきましょう。

自分自身でタスク管理をし、成長しようという意欲を促すため

上司に注意されたら、「今度は注意されないように気を付けよう」という気持ちになりませんか?

むしろ、ならない人の方がちょっと問題です。常に自分のペースで、淡々と仕事をこなしていてはその人の成長は見込めません。上司に注意されることで自分の業務態度やタスク管理について見直すきっかけとなります。

もっと言うと、「褒められるためにはどうしたらいいだろう」と思う人もいるかも知れません。この時点で、もはや上司の注意はあなたにとってプラスに働いていませんか?そう、こういった成長意欲を生み出す事こそが重要なのです。

部下を育てるのも上司の仕事です!!

これをきっかけに業務効率が上がり、スキルアップにもつながっていきます。

「注意されるのは期待されている証拠」という言葉をよく耳にします。上司だって余計なことに時間を割きたくはありません。できれば注意などしたくはないでしょう。けれど、部下を育てることも上司の仕事。あなたのためを思って注意していることを肝に銘じておきましょう。

上司に注意されたときの対応とは…

では、上司から実際に注意をされた時、どのような対応をするのが正しい対応なのでしょうか。

場合によっては納得いかず口答えしたくなることもあるかもしれません。でも、それは一旦飲み込みましょう。上司の考えが自分の認識と異なる場合もあります。

Lgf01a201401050300

上司に注意された時の対応術:質問という形で尋ねてみると良い

上司に注意されたときは反論するのではなく、質問という形で尋ねてみると良いでしょう。

上司と自分との間で違う点がないか確認した上であれば、上司も間違いを認めやすくなります。また、ただ「はい」を繰り返すだけの返事もよくありません。上司はあなたが理解しているのか、いないのか分からないからです。

上司の発言に対して、その都度自分の言葉でリピートし、確認するようにしましょう。

上司に注意された時の対応術:同じ失敗を繰り返さない

上司からの注意に対して最も気を付けることは、何度も同じ注意をされることです。

「上司から注意される理由」でも述べた通り、上司はあなたが考える力を身に付け、成長して欲しいと願って注意しているのです。それを、何度も同じことで注意されていては学習能力がないと判断されても仕方ありません。

また、上司のことを軽く見ていると取られる可能性もあります。もし、あなたはそのつもりがなくても、同じようなことで繰り返し注意を受けてしまうなら、今度は、そうならないようメモを取るなどの対策を自分で考える必要があります。

上司に注意された時の対応術:チャンスと前向きに捉えよう

上司からの注意で落ち込んでいては勿体ありません。また、上司も次から注意しにくい雰囲気になってしまいます。それではせっかく成長できるチャンスを逃してしまうことになりかねません。

注意を受けてもマイナスに捉えず、「もっといいものを作ろう」、「次は頑張ろう」と前向きな態度でいれば、あなたとっても上司にとってもプラスの効果が生まれることでしょう。

上司に注意された時の対応術:御礼を述べる

上司にとっても貴重な時間を割いて教えてくれたわけですから、最後に必ず御礼の言葉を述べましょう。

「すみません」を連呼するのはあまり印象がよくありません。謝るのは最初の1回にして、最後に「教えていただき、ありがとうございました」とお礼を告げれば、良い雰囲気で締めくくることができますよ。

上司に注意された時の対応術をおさえて自分の糧にしていくべきです

いかがでしたか!?

今回は、上司に注意された時の対応術に関して紹介してきましたが、

上司からの注意に対する正しい対応とは、いかに真剣に聞いているかということをわかってもらう必要があります。そして、注意された内容を忘れないようにする工夫も必要です。そこから何かを吸収して、自身の成長へとつなげていけるよう前向きに捉えましょう。

注意をする上司は、あなたの成長を心から望んでいるはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK