辞職と退職の違いとは?退職金の額に与える影響

2016年12月9日辞職, 退職

辞職は自ら職を辞める・退職は自分の意志は関係ない

Seminar 594125 1280

簡単にいえば、辞職は会社に不満があるときや何か問題を起こした場合に、自分から職を辞することを指します。一方退職は、自分の意志は関係なく会社を辞める、場合や定年まで働いて会社を辞める場合に使用します。辞職は自分からの辞め方、退職は正当な理由が伴う辞め方だと考えるとわかりやいのではないでしょうか。このようにこの2つは大きく違うのです。

辞職と退職は役職など立場で使い方の違いもある

辞職と退職の違いはその意味だけではありません。使い方にも違いがあります。辞職は、課長以上の役職のある人が使うのが一般的です。もちろん上記のように、自分の意思が働いた場合に限ります。通常平社員は、どのような場合でも辞職ではなく退職という言葉と使いますので、理解しておきましょう。

辞職と退職では退職金の額に大きな違いが出る

Dollar 499493 640

辞職と退職、似たような言葉ですが、どちらも会社を辞めるという意味合いでは同じです。しかし、この辞職と退職には、非常に大きな違いがあるのです。実は、会社を辞める際に、辞職であるか退職であるかでは、退職金の額にも大きな違いが生まれ来るのです。損をしないために、きちんと把握しておくべきでしょう。

辞職すると退職金の額が下がるケースが多い

Man 426985 1280

退職ではなく、辞職で会社を辞めた場合の退職金に関しては、会社が就業規定や退職金規定で定めた、自己都合による退職にあたる可能性が高いでしょう。そのため、辞職の場合の退職金の給付率は、退職の場合よりも、給付率が引き下げられているケースが多いです。辞職した場合、退職したときよりも、多くの退職金を手にすることはできないといえるでしょう。

辞職では失業給付にも影響が出る

もし、問題を起こし、辞職に追い込まれた場合、退職金が減るだけでなく、支払われない可能性も出てきます。また、失業給付の日程にも影響があるのです。辞職など、自己都合となると、すぐ失業給付を受け取れません。辞職と退職の違いを知っておくことが、どれだけ重要かが分かりますよね。

退職の場合は退職金の額を下げられることは無い

辞職ではなく退職で会社を辞めた場合の退職金は、退職金規定に基づいた給付率での退職金給付となります。定年退職で退職した場合には、もちろんその満額が貰えるのです。会社を円満に退職することが、退職金をきちんともらうためのポイントになるといえるでしょう。

会社都合の退職はきちんと退職金をもらえる

リストラなどで、退職を余儀なくされた場合は、会社都合のため退職金の額は下がりません。また、失業給付に関しても即時給付が可能になります。しかし、辞職の時にも説明しましたが、会社都合の退職でなく、自己都合だった場合には、「退職」であっても、失業給付の日程に影響が出ますので理解しておきましょう。退職する際は、自己都合なのか会社都合なのか、しっかりと違いを見極めておかなければなりませんね。

辞職と退職には自分の意志があるかどうかに違いがある!自己都合だと退職金は減る傾向

辞職と退職は似て非なるもので、その違いをしっかり認識しておかないと、退職金の額で損をしてしまします。退職金や失業給付は辞めた後の生活へ直結するものですから、自分が辞める場合、理由が辞職にあたるのか?退職に相当するのか?を理解しておく必要があります。退職金も失業給付も労働者の正当な対価と権利ですので、間違った形で受け取ったりしないように注意しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK