契約日と契約期間の違いとそれぞれの意味

契約日, 契約期間

契約期間と契約日の定義を知ろう

S photo 00989

契約期間と契約日の違いを知る上で大切なことは、まず契約期間とは何なのか、契約日とは何かそれぞれの定義を正確に知っておくことが大切です。定義を知れば自ずと違いがわかりますが大切なことはそれだけではありません。「契約期間」と「契約日」の違いだけ理解しても両者に対する本質的な理解が伴わないからです。では「契約期間」の定義から確認してみることにしましょう。

契約期間と契約日は意味がそれぞれ異なるもの

「契約期間」と「契約日」は定義によって両者が異なります。一見すると文字上の違いにしか思えませんが「契約期間」と「契約日」は全く別物なのです。従って仮に契約期間のスタート日と契約日が一致していたとしても、表しているものは別のものであるという理解が大切です。

契約期間とは、約束事を実行する期間を意味する

例えば、ある会社と会社が業務提携することになり、その業務提携の約束の証として契約書を交わしたとします。その契約書には、業務提携を行う期間が何年何月何日から何年何月何日までと通常明記されることになります。つまり、契約を交わした両者が合意の上で契約に基づいて約束事を互いに実行する期間のことを「契約期間」と言います。

契約期間は契約内容を実施する期間

例えば契約期間が本年度の「4月1日」からとなっており、契約日も「4月1日」となっている場合もあります。しかしそれぞれが表しているものは、前者がその契約内容を実施するスタートの期日であり、後者はその契約を結んだ日を表しているのです。本来両者の期日は異なっている場合が普通ですが、こうした場合があっても混乱しないようにして下さい。

契約日とは、契約書を交わした日を意味する

「契約期間」については理解できたでしょうから、次に「契約日」についてその定義を確認することにします。契約日とは契約を書面で記入した日にちのことです。そのため契約期間が始まる前の日にちが契約日となるのです。

契約日は契約期間が始まる前に訪れる場合がある

Cc library010009875

では「契約日」とは何かということですが、「契約期間」でご紹介した同じ事例で紹介することにします。

仮に業務提携を両社で行うことになった契約期間が本年度の「4月1日」から「9月30日」までだとします。通常、この契約を交わす時期は契約期間がスタートする前、つまり「4月1日」より前でないと契約期間に間に合わなくなります。

そこで契約を本年度の「3月15日」に交わしたとします。この「3月15日」、即ち契約書を締結した日が「契約日」となる訳です。

契約期間と契約日の定義の違いを理解して後々のトラブルを回避しよう!

本文の冒頭でもお伝えしましたが、契約期間と契約日の定義を理解することがなぜ大切なのか両者の期日が同じ場合もあることからより深く理解できたと思われます。

ビジネスシーンでは契約期間と契約日に限らず、大変似ているけれども、その意味が大きく異なる場合がある例が少なくありません。従って契約期間と契約日のケース同様に言葉の定義を丁寧に確認しながら意味や違いの理解へ努めることが大切だと言えます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職