スーツの上着を脱いだり席にかける際のビジネスマナー

2016年12月9日上着

スーツの上着やジャケットを脱ぐ際のマナー

Lgf01a201405191100

最近ではクールビズが普及して、真夏ではスーツの上着やジャケット、ネクタイはなくてもOKな風潮が出来てきました。

しかし一方では、クールビズを認めていない会社もあり、いついかなる場でもスーツで赴く必要のある場合があります。その際、スーツの上着は脱いではならない、ジャケットは席にかけてはいけないといった、ビジネスマナーもよく言われます。

いったい、スーツの上着を脱いだり席にかけたりするのが、どうしてマナー違反と言われるようになったのでしょうか。それには、シャツの定義が関わっています。

スーツの上着やジャケットは本来脱いではいけないもの

スーツの上着やジャケットを、脱ぐシチュエーションは色々あるでしょう。

上司や先輩、後輩の関係や、社内・社外・取引先の場合も関わってきますが、複数で居る場合のビジネスマナーが大切です。夏以外ならスーツを来ていても寒くないですが、問題なのは夏です。

クールビズと言いつつも、上司がスーツを着用しているのであれば、取引先での打ち合わせや会議では中々自分からスーツを先に脱ぐというのはビジネスマナー違反になります。しっかりと周りの状況を見ながら適切な行動を心がけましょう。

スーツの上着やジャケットを脱げる場

では、スーツの上着やジャケットをどこでなら脱げるかという点ですが、身内を感じられる範囲というのがポイントです。

オフィス内も公の場であることは間違いありません。

多くの場合、「社内は身内」的な考えがあります。オフィス内で自分の仕事をしている時はOKで得意先や上司と話をするときはNGといった具合になっています。

スーツの上着やジャケットを脱ぐ際のビジネスマナー

スーツの上着やジャケットを脱ぐシチュエーションは、色々とあるでしょう。

上司や先輩、後輩の関係、また社内・社外・取引先にもよりますが、要は複数で居る場合のマナーが大切なのです。夏以外ならスーツを来ていても寒くないですが、問題なのは夏です。

クールビズと言いつつも、上司がスーツを着用しているのであれば、取引先での打ち合わせや会議では中々自分からスーツを先に脱ぐのはビジネスマナー違反です。そのときの周りの状況に合わせて、適切な行動を心がけましょう。

スーツの上着を席にかけるときのビジネスマナー

Tie 690084 640

ここまでは、スーツの上着やジャケットを脱ぐ際のビジネスマナーについて見てきました。

次は上着を席にかけるときのマナーを紹介します。まず、席に上着をかけてもいけない場所を覚えておきましょう。その代表的な例として、背もたれが挙げられます。

背もたれにかけることは、ビジネスマナーとして認められていないのでやめておきましょう。また、自分の座っている席にかけたり、足元を温めるために使うのもマナー違反となります。

スーツの上着を席にかけるときは一言添えよう

席に上着を置くときは、まず相手の了承をとるか、相手から先に置いても良いと言われた時にしましょう。

それ以外の場合であれば、床に自分のかばん置き、その上に乗せる形で上着は置いておきましょう。また、席に置く場合も、かばんとともに座る位置に乗せるようにします。

【番外編】スーツを長持ちさせる方法

最後に、ビジネスマナーともに、スーツやジャケットを長持ちさせる方法を学んでおきましょう。

スーツを長持ちさせるためのメンテナンスとしては

■連続して着用しない

■着用後にブラッシングをする

■正しいハンガーを使う

■クリーニングは控えめに

■陰干しをする

という5点が、簡単かつ効率の良いので覚えておきましょう。

Lgf01a201403121100

正しいハンガーを使ってスーツのシワを防ぐ

スーツのジャケットは、肩と首回りが非常に型崩れしやすい衣類です。こういった衣類のシワを防ぐためには、薄いプラスチックのハンガー、特に針金ハンガーは厳禁です。ハンガーの種類としては、木製で肩幅と首回りが厚いハンガーをお薦めします。また、非常に基本的なことですが、疲れて帰ってきたとしても、ソファーや椅子にかけたままにしないのが大事です。必ずハンガーにかけましょう。

スーツのブラッシングで清潔な見た目を保つ

スーツはこまめにブラッシングして、社会人として清潔な見た目を保ちましょう。

細かなゴミを除けるのはもちろん、細かなゴミはスーツの劣化を早める原因にもなるので、毎日小まめにしておきましょう。タバコの臭いを気にして消臭剤をかける人もいますが、使い過ぎは生地の劣化を早めてしまうので注意が必要です。

ちなみに、スーツやジャケットをクリーニングに出すと綺麗になりますが、その分生地は劣化していきます。汚れ具合などにもよりますが、多くても1カ月に1度くらいが適正です。

スーツの上着を脱いだり席にかける際のビジネスマナーを知っておくと好印象にもなる!!

さて今回は、スーツの上着を脱いだり席にかける際のビジネスマナーについて見てきました。

スーツや上着を脱ぐのは、自分の判断ではなく、上司や相手の恰好に合わせて臨機応変に対応するのがビジネスマナーといえます。それは、脱ぐ際はもちろん、席にかける際であっても同じです。

出先などで、スーツの上着を席にかけるのはマナー違反になるので、自分の鞄を使うなど工夫が必要です。

また、スーツの上着に関するビジネスマナーは、意外と守れていない人が多いマナーですので、ここでしっかりとマナーを覚えておくと、好印象にもなるビジネスマナーですので、ポイントはおさえておきましょう。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK