医療費控除を申請するときに源泉徴収票がない場合の対処法

医療費, 源泉徴収

医療費控除を受けるには源泉徴収票が必要

Medications 257333 640

医療費控除を受けるためには、源泉徴収票を用意しなければなりません。もし源泉徴収票がないまま手続きをした場合は、医療費控除を受けられないので、再度手続きをやり直すこととなります。失くしてしまった場合は手続きを一旦止めて、必要なものを用意しなければなりません。そのまま放置していると、医療費控除が受けられないまま期限を迎えることもあり、なるべく早めに配所しなければなりません。

医療費控除の期限は長いので慌てないこと

実は医療費控除の期限は一般的な確定申告に比べると長めに設定されているので、源泉徴収票が無くても慌てずに行動してください。ない場合は後から色々なことをして、代理の方法を利用しても十分に間に合わせることができます。 一番やってはいけないのが、時間が無いからと言ってないまま手続きを行い、税務署の方に迷惑を掛けることです。これだけはやってはいけないので、絶対にないまま手続きに踏み切らないでください。

源泉徴収票がない場合は再発行してもらう

源泉徴収票は再度発行して貰うことが可能であり、失くしてしまったら会社にお願いして発行して貰うこととなります。これで医療費控除を受けられるようになりますし、余計なことを考えなくても書類がそろうこととなります。ないことをしっかり伝えると同時に、医療費控除のために利用することを伝えてください。こうして再度作って貰えば、そのまま提出することができます。

会社を辞めた後に源泉徴収票を再発行する場合

場合によってはすでに会社を辞めてしまい、医療費控除のために源泉徴収票を貰うことが難しいこともあります。この場合は会社に連絡を入れて、医療費控除のために源泉徴収票が欲しいことを伝えてください。そして何時受け取るかという話をしておき、必要な書類の再発行を行ってもらいます。場合によっては郵送での対応をしてくれる所もありますので、ない場合は再度会社に連絡を入れれば大丈夫です。

源泉徴収票以外の方法で医療費控除を受けたい場合は税務署の方に相談

もし源泉徴収票を再発行するのが面倒であったり、会社側の対応が悪いのであれば、別の方法を考えてもらうこととなります。この場合は医療費の領収証を税務署に提示することによって、大体の計算をしてもらうことができます。源泉徴収票が一番望ましいことですが、ない場合は医療費控除のために明細や領収書で対応してくれることがあります。源泉徴収票がないことを伝え、医療費控除が出来るかどうかを税務署の方に相談してください。

源泉徴収票がない場合でも領収証次第で対応してくれる

税務署はない場合も想定しているので、医療費控除のためには相談をしてみることが大切です。源泉徴収票がないから諦めるというわけではなく、医者に行った時の領収証にある程度情報が書かれているので、それを元に考えればいいのです。ない場合でも税務署の職員が優しく対応してくれることが多いですし、見せるだけで計算まで行えることがあります。これで何とか医療費控除を受けられる可能性があります。

医療費控除は源泉徴収票がない場合は再発行が望ましいが領収証次第でも対応できる

医療費控除のために源泉徴収票を再発行して貰えば、ない場合でも対応できることがあります。またどうしても源泉徴収票を再発行できないのであれば、ないことを伝えた上で領収証や明細といったものを持っていくといいです。後は医療費控除が出来るかどうか、税務署の職員の方と相談して、出来るようならそのまま手続きをすれば大丈夫です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月7日転職