就職活動の際に知っておきたい最終面接の合格率を上げるコツ

合格

最終面接の通過率・合格率は企業により異なる

Gahag 0115114572 1

当たり前ですが、最終面接の合格率は企業により異なります。50%だったり、80%だったりと様々です。

企業によっては、内定辞退を見越して合格者をたくさん出すようにしている所もあります。では、そんな最終面接で注意すべき点は、どのようなことなのでしょう?

最終面接は確認の場ではないので注意!

よく最終面接は意思確認の場、と言われることがありますがそんなことはありません。人事担当者は最終面接に重きを置いている場合もあります。

しっかりと準備して挑まないと、痛い目を見てしまうので注意しましょう。

最終面接ではなぜ弊社なのかが良く聞かれるので対策を!

Gahag 0114845763 1

一次面接はスキルや経験などが見られますが、最終面接では「なぜ弊社なのか」がよく聞かれます。最終面接まで残る人は、ほんの僅かな差で内定か否かが決まります。「なぜその会社を選んだのか」それに答えられるよう万全の準備をしておきましょう。

最終面接はほんの少しの差で合格率が変わってくるので万全の準備をしよう!

最終面接は確認の場ではありません。しっかりとした準備が必要です。それにより、合格りは大きく変わってきます。特に「なぜその会社を選んだのか」は良く聞かれる質問となっています。答えられるように準備をしておきましょう。

最終面接まで残ったのなら、もう少しで内定です。頑張りましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月7日転職