メールを送る際の容量に関するビジネスマナー

メール容量

メールの容量①:2MB以下というのが正しいマナー

A0001 017625

メールを送る際の容量は、2MB以下にするというのがマナーです。重いメールはファイルが届かない場合があり、容量も食いますし、いつのまにかビジネスマナーとして、メールは2MB以下の容量にするというのが定着してきました。相手がどんなメールツールを使用していても、このサイズのメールであればまず送れないということはありえませんし、何よりも重くないので迷惑になりせん。

相手に迷惑をかけてしまうのは社会人としてマナー違反

相手に迷惑をかけるというのは社会人としては最悪のマナーですよね。このメールを送る際の容量に関するマナーについて知らないでいると、知らず知らずのうちにマナー違反を犯してしまい、迷惑をかけてしまうことがあるのです。この機会に覚えておいてください。

メールの容量②:3MBまではギリギリセーフ

メールを送る際の容量に関するマナーとして次にいえることは、では絶対に2MB以下でないとマナー違反になるのか、ということについてです。実は2MBを超えたらからといって、それですぐに「この人はメールの容量に関するマナーを知らない人だな…」と悪い印象を与えてしまうことはありません。

以前は3MBだったができれば2MBで送った方がよい

というのも、以前はマナーとして、メールの容量は3MB以下にするというのが一般的だったのです。ですから、3MBまでであれば、マナー違反と思われることはほとんどないでしょうし、その容量のせいでメールが届かないということもほとんどないでしょう。ですが、やはり今のマナーとして一番正しいのは2MB以下となっているので、出来れば2MB以下にすることが望ましいことには変わりありません。

メールの容量③:3MB以上は確認するのがマナー

3MB以上の容量になってしまうメールを、なにも言わずに送るというのは、社会人として重大なマナー違反と見なされてしまいます。3MB以上のメールですと、それが届かない可能性も高くなりますし、何よりも容量的に明らかに迷惑になってしまいます。

黙って送りつけることはNG

ですから、もしこうした多大な容量のメールを送らなければならないというようなシーンがあったら、その際には送る前に必ず確認をとるようにしましょう。それがマナーです。

確認してからメールを送れば、「そのサイズでは受け取れないからこうしてください。」というような指示がある場合もあるでしょうし、「問題ないのでそのまま送ってください」という方もいるでしょうし。どちらにしてもマナー良くスムーズにやり取りできるようになります。間違っても黙って送り付けないように気をつけてください。

メールの容量は通常2MB以下が一般的なマナーだが3MBまでは許容されそれ以上は確認を

メールを送る際の容量に関するビジネスマナーに関しては以上の通りになります。これらのことを知っているのと知らないでいるのでは、だいぶ社会人力が違ってきます。高い社会人力を持ち、一緒に仕事をしていても気持ちがよいと思ってもらえるような人になるためにも、しっかり覚えておいてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス