職場にいる最悪な上司の傲慢な態度への対処法

上司

傲慢で最悪な上司の特徴①すぐにカッとなる

Angry man

傲慢な態度で、すぐカッとなる最悪な上司って職場に1人はいますよね。最悪な上司は、わずかなことでもすぐに激高して、期待に添えない部下を怒鳴りつけるようなシーンをしばしば見かけるでしょう。

そのような最悪な上司が職場にいる場合は、仕事にミスがあった際に自分の責任から逃れたいという思いがあり、部下のミスは自分の責任になると理解しているので、理不尽なぐらいにカッとなるのです。では、すぐにカッとなる傲慢人・最悪な上司の適切な対処法とは何でしょうか。

対処法:我に返るのを待つ

すぐにカッとなる最悪な上司に対して、間に入り怒りを鎮めようと試みたり、自分が怒られている場合なら、正当化したり言い訳をしてしまうと逆効果です。有効な対処法としては、とにかく自分の心を落ち着かせて、上司が我に返るのを待つ、これに尽きます。

こういった職場の上司は、ただストレス発散のために気分で怒っている場合もありますので、その場はじっと耐えるのが得策です。また、仕事のミスが原因であれば、上司が怒られるからと理解して、粛々と時間が過ぎるのを待ちましょう。

傲慢で最悪な上司の特徴②いきなり態度が豹変

Opp

次に紹介する職場にいる傲慢な人・最悪な上司の特徴は、いきなり態度が豹変する人です。このような人はあるとき突然、態度が急変して部下に怒鳴り散らしたり、侮辱するようなタイプの最悪な上司です。

このような最悪な上司の特徴として、普段は部下に無関心なため、あとから部下の仕事の進め方で問題に気付いて、いきなり豹変するケースが挙げられます。上司のコミュニケーション不足に起因する場合が多いのですが、そんなときはこんな対処法もおすすめです。

対処法:受け流す

いきなり態度が豹変する奇天烈で傲慢な人・最悪な上司に対して、付け入る隙を見せたり普段の態度に惑わされてはいけません。最悪な上司の言動に対して慎重に応答したり、何が原因で注意深く上司を観察して対応を立てておくのが得策です。

また、普段は静かな人となれば、職場で距離を置くのも難しいでしょうから、何を言われても、ただ「そうですね」と受け流すのも有効な対処法でしょう。

傲慢で最悪な上司の特徴③尊大な態度をとる

最後に紹介する職場にいる最悪な上司はとにかく傲慢で、尊大な態度の人です。このような人は「我はこの会社の支配者なり」とでもいわんばかりの顔で権威を振りかざし、職場の品位を落とします。

いかに自分が凄いのかを話し続ける尊大な上司ですが、結果を残してきたと自負するだけあって、振る舞いについては一日の長があります。ですので、社会人としてあまり好ましくありませんが、これから紹介するような対処法もあるのです。

How

対処法:透明人間だと思い相手にしない

職場にいる傲慢な人・尊大で最悪な上司に対してはいちいち相手にせず、あまり気にしないことです。このような最悪な上司は、注目を集めると余計に増長するので、とにかく「透明人間が口から何かを発していて、微妙に空気が揺れている」といったような楽な気持ちで、話半分で聞いているような態度を出しましょう。そうすることにより、相手にも次第に違和感がでてきます。

そして、結果としてガス抜きされ徐々に静かになるのです。このようなアピールでしか職場で認めてもらえない人だ、自分はこんな最悪な上司・傲慢な人にはなるまいと、反面教師にするぐらいの気持ちで余裕を持つようにしましょう。

職場にいる傲慢な人・最悪な上司への対処法は受け流し気にしないこと

職場で傲慢な態度をとる最悪な上司への対処法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。職場にいる傲慢な人・最悪な上司でも様々な人がいます。ですが、その人たちに共通していえることは「感情的になりやすい」という点です。

感情的にしか話せない人・話を聞かないような人は、感情的になるといった表現の方法に限られがちになりますので、すぐに怒るといった態度に表れるのだと軽い気持ちで受け止めておきましょう。そして、感情的になる最悪な上司への対処法としては、総じてまともに相手をしないというのに尽きるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス