「誠心誠意」と上司に対して発言する際の使い方のポイント

上司, 言葉遣い

「誠心誠意」は意気込みや謝罪の場でよく使われている

Business suit 690048 960 720

誠心誠意という言葉は、ビジネスの様々な場面で使われています。特に意気込みや謝罪の場では良く使われています。今回は「誠心誠意がんばります」と上司に言うときに、気をつけたい使い方について見ていきましょう。

真心を尽くして努めるという意味の四字熟語

誠心誠意というのは「真心を尽くして努める」という意味の四字熟語です。例えば「誠心誠意努力して参ります」という意気込みを表現したり「その件につきましては誠心誠意対応して参ります」といった謝罪表現にも使う事ができます。使い方としてはこの2つが代表的なものと言えます。語感が良いので広く使われているのでしょう。

誠心誠意の使い方を把握すれば円滑に仕事を行うひとつの道具となる

ビジネスの場では、日常使わない言葉を好んで使う風潮があります。文書の場合には「ご隆盛」や「祈念」といった表現がありますし、言葉では「所存でございます」「了解しました」「承知致しました」といった表現もされているのです。「誠心誠意」というのも日常では使いませんが、ビジネスの場では素直に受け入れられる言葉です。使い方を把握すれば、円滑に仕事を行うひとつの道具となるでしょう。

上司に対する誠心誠意の使い方はここぞという場面で発言する必要がある

上司に対して誠心誠意という言葉の使い方の注意点は、言葉の重みについて良く捉えておく必要があるという点です。「誠心誠意がんばります」と言ったのにも関わらずさぼってしまったら、上司の逆鱗に触れるはずです。上司の立場になって考えてみると良く分かるでしょう。誠心誠意と発言したならば、覚悟を決めて仕事に取り組まなくてはいけません。使い方としては頻繁に言うのではなく、ここぞという場面で使用するようにしましょう。

言い回しは上司によって変えると印象がよくなる

敬語として誠心誠意の使い方を考えてみると、色々な言い方が考えられます。例えば「誠心誠意がんばります」の他に「誠心誠意努力していく所存です」や「誠心誠意励んで参ります」といったものです。硬い表現というのはある種、権威的な印象を受けるため上司によってその度合いを考えなくてはいけません。上司がこうした虚飾を好まない場合は単純な表現をすべきですし、その逆であれば長い表現が好まれます。

誠心誠意を実践するには上手な気の抜き方を覚えてやる気をだすことが大切

本気で「誠心誠意がんばります」と発言し、その通り行動した場合に一つの壁にぶつかります。人間というのは、そうそう集中力が持続するものではないので、その内に気が抜けてしまうのです。ここで気を抜いたままにしてしまうと、上司からは「さっきの発言は嘘だったのか」となじられるかもしれません。上手な気の抜き方を覚えて、冷静にやる気を取り戻しましょう。誠心誠意という言葉の使い方は簡単ですが、こうしたその後の行動もしっかりとしなくてはいけません。

休憩時間を取って適度な息抜きをする

上手に気を抜く方法としては、やはり休憩時間を取る事です。コーヒーを飲んだりトイレで一息つくのも良いですし、最近では悪習とされるようになった喫煙も、良い息抜きになります。ゲームなどの終わりの無い娯楽を息抜きにする時は、きちんとした時間の設定が必要です。上司への意気込みを表す「誠心誠意がんばります」という言葉を実践するために上手く立ち回っていきましょう。

誠心誠意の上司への使い方は頻繁には使わずここぞという場面で発言することが重要

「誠心誠意がんばります」と上司に言うときに、気をつけたい使い方について見てきました。誠心誠意は一種のビジネス用語なので、日常で使うことはありませんが使い方を把握しておきましょう。敬語としては色々な言い回しがあるので、上司に合わせて使い方を変えていくと受け入れられやすいはずです。誠心誠意の上司に対する使い方は、頻繁には言わずここぞという場面で発言することが重要です。誠心誠意という言葉には責任が伴うため、きちんと実践する必要があります。上司に認められるためにも、責任を持った行動が大切です。誠心誠意の正しい使い方をマスターしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日ビジネス