保険証を退職時に返却する場所と方法【郵送?持参?】

2019年8月7日保険証

退職時に保険証は返却する必要がある

Tikutaku

会社を退社・退職する場合には社会保険からの脱退を余儀なくされるため、持っている社会保険の保険証を返却する必要があります。

返却する必要がある保険証は自分の持っている保険証のほかに、扶養家族がいる場合には家族が使用している保険証の返却も必要となります。

保険証を返却する場所は会社で良い

保険証を返却する場所に関しては、会社を退社・退職する前に、会社へ返却すれば会社側が処理をしてくれますので、特別難しくはないないでしょう。

基本的に退職した時点で持っている保険証は、利用が出来なくなりますので、出来るだけ早く返却をするほうが良いですし、仮に保険証の返却を忘れていても会社側には特別問題は起きませんが、自分が保険証を使用する際に、忘れていて失効された保険証を使用してしまう恐れもありますので、事前に会社へ返却しておくのが安全だと言えます。

退職時に会社へ保険証を返却し忘れたら自分で手続きする

退社・退職時に会社へ保険証を返却してしまえば、後は会社が処理をしてくれるので、それが1番確実な返却方法となりますが、中には保険証を返却し忘れて何か月も経ってしまったというケースも考えられます。

その場合、すでに退社・退職している会社へ保険証を返却しても処理をしてもらえない可能性が高いため、自分で保険証の返却を行う必要が出てきます。

自分で返却する場合は保険証を発行している事業所へ郵送

郵送による場合の保険証の返却先は、保険証を発行している事業所へ郵送(簡易書留や特定記録での郵送)での返却となる場合が多いと言えます。

しかし事業所の中には郵送での返却を受け付けていない場合もありますので、返却し忘れている事に気付いた場合は、1度事業所へ連絡をして支持を仰いだほうが良い場合もあります。会社によっては退職後数か月経っていても、保険証の返却を受け付けてくれる場合もありますので、退職した会社へ相談するのも良いでしょう。

退職後に保険証を返却しない場合は詐欺罪などに問われる可能性もある

退社・退職後に保険証を返却しない場合、実はトラブルに発展する可能性が非常に多いと言えます。まず保険証が失効している事を知らずに使用してしまうケースです。

特に扶養家族が保険証を使用している場合知らずに使用すると言うケースが多く、この場合詐欺罪などに問われる危険性があります。ですのでここまでで紹介したように退社・退職時には、早めに会社へ保険証を返却するようにしましょう。もし返却し忘れていた際には、保険証を発行している事業所へ郵送しましょう。

Yellow flowwer

支払う医療費も全額負担で高額となる危険性あり

さらに、保険証自体が失効しているため、支払う医療費も全額自己負担になってしまいます。しかも一旦は失効した保険証を使用して計算を行うため、その後失効しているので使えないと分かった場合には後日高額な医療費の請求が届くことになりますので、注意しないと多額の支払いを余儀なくされていまします。そのため退職する際に必ず会社へ保険証を返却しておく必要があるわけです。

退職時の保険証返却は会社へ!忘れたら自ら事業所へ郵送すること

保険証を退社・退職時に返却する場所と、方法について紹介してきましたが、いかがでしたか?退社・退職時にきちんと保険証を返却しておけば、その後のトラブルもありません。返却は会社へ行う。返却を忘れていた際には、事業所へ郵送して返却しましょう。

保険証は返却しておかないと国民健康保険への切り替えにも支障が出てしまいます。そのため特に保険などの生活に密接にかかわるものに関しては、きちんと処理をしたうえで退職したほうが良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月7日転職

Posted by BiZPARK