失業保険をもらう前に就職が決まった場合に取るべき対処法

失業保険

失業手当をもらう前に就職した際の対処法は再就職手当を申請をすること

Business world 541431 640

失業保険の失業手当は、会社を辞めて現在仕事がなく、次の仕事を探している間貰える給付金のことです。一方で就職が決まったと、失業保険の失業手当をもらう前に就職をすると、再就職手当と制度があるのです。

この再就職手当を貰う為の対処としては、最初からハローワークに失業手当申請の届け出をするのが大切です。まず、退職をしたらハローワークに行き、失業認定を受けることが必要な対処です。

「失業給付金認定日」を確定させて再就職手当を貰う

その次に対処することは、ハローワークでは受給説明会というものがありますので出席して、「失業給付金認定日」を確定させましょう。そしてその、失業保険の失業手当をもらう前に就職が決まった時点でハローワークに連絡を入れます。

この対処をする事で、再就職できた日が早いほど多く貰えます。また雇用保険は引き継がれますので、早めに就職を決めるのはむしろお得と言えます。

失業手当をもらう前に就職した際、申請する再就職手当の受給条件を必ず確認する

失業保険の失業手当をもらう前に就職できると再就職手当を貰えるのですが、それには幾つかの条件があります。基本的には再就職先で、少なくとも1年以上の雇用が確保されているのが原則です。

つまり、期間限定として3ヶ月や半年の雇用形態で、更新される予定がない場合には対象外となります。また、毎日のノルマを達成できないと解雇になる様な雇用形態は認められません。

「受給資格決定日」に注意する

この他にも、ハローワークに登録すると「受給資格決定日」が通知されてくるのですが、その日以降であり、しかも登録した日から7日間の待機期間が過ぎているのが条件です。

ここでの対処としては、失業手当をもらう前に就職するならば、ハローワークに登録してから内定を貰えるタイミングにするのがベストです。

自己都合退職をすると、再就職手当を貰うための条件が発生する

その他に対処することは、会社を退職する際には「会社都合」と「自己都合」があり、自分はどちらに当たるのかを確認しましょう。リストラによるものならば会社都合ですが、ただ退職するだけならば自己都合になってしまいます。

失業手当をもらう前に就職して再就職手当を貰おうと思ったら、自己都合の場合の対処には注意が必要です。自己都合で退職した場合、ハローワーク紹介の求人或いは厚生労働大臣に認定された職業紹介業者による求人に応募して採用されることが条件なのです。

Team spirit money

職業紹介業者による求人などで採用されないと再就職手当は申請できない

つまり、自分でインターネットの求人サイトに登録して就職活動をして就職を決めても、再就職手当の申請はできませんので、条件に沿った対処が必要です。失業手当をもらう前に就職活動をするのならば、最初の待機期間である3ヶ月間はハローワークに通って仕事を探した方が良いと言えます。

失業保険の失業手当をもらう前に就職する場合、対処法は退職理由と受給条件を確認し再就職手当を申請する

以上が失業保険の失業手当をもらう前に就職が決まった場合の、対処法についての紹介でした。失業手当は何もしなくても、半年間貰えるお金ですのでなるべく貰っておきたいところですが、その間、国民年金や国民健康保険などは会社負担がなく満額支払う事になります。

失業手当をもらう前に就職するのは決して損ではなく、収入が安定してボーナスが早く貰えると考えるとずっとお得なことなのです。失業手当をもらう前に就職が決まった場合には、ぜひ今回紹介した内容を思い出して行動してくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月1日転職