退職願や退職届を書く際のワープロ・手書きそれぞれのメリット

退職

退職願・退職届に必要な項目をしっかり書くのが一番大切

Pc

退職願は必要な項目、退職の理由や日付などがキチンとした書き方で書かれている事がまず大前提です。その上で、手書きかワープロのどちらで記入したらよいでしょうか。

一昔前は、手書きの退職願が一般的でした。もちろん、パソコンがまだそれほど普及していない頃の話です。しかし、現代はパソコンが一家に一台ある時代です。退職願もワープロで打つ方が主流となってきました。見た目にもスッキリしますし、文面を保存しておけば後で自分がどのような物を作成したのか記録に残ります。

内容が正確なら手書き・ワープロどちらでもマナー違反にはならない

決して、手書きで退職願を書いてはいけないという訳ではありません。ワープロの方が多いと言うだけで、最終的にはどちらで出してもマナー違反には当たりません。肝心なのは中身ですので、退職願として形をなしているかをチェックしましょう。

手書きに自信が無い人はワープロで書こう!

手書きでも失礼には当たらない退職願・退職届ですが、字に自信が無い人も中にはいますよね。そんな時は、無理せずワープロで作成しましょう。

ネットを検索すれば、退職願・退職届のフォーマットや書き方が出てくるので、それらを参考にしながら作成していきます。ワープロの場合でも、ただ打てばよいと言う訳ではなく、相応しい書体を使っているかなど書き方でチェックするべき点はあります。手書きでもワープロでも最後にはきちんと確認して、書き損じが無いようにしてください。

会社独自の退職願の用紙がある場合もあるので確認は必須!

会社で退職願・退職届の紙を用意している場合もあります。そういった場合は、自作せずにそちらを使うか規定に従う事になるので、事前に会社の方針や書類の書き方を調べておきましょう。退職願・退職届は、焦らないように早めに用意しておくと良いですね。

どのような書き方でも退職願・退職届の署名は必ず手書きで!!

退職願・退職届を書く際に気をつけたい事、それは自分の署名は必ず直筆で書くと言う事です。ワープロで打った場合は、つい自分の名前まで打ってしまいそうになりますよね。

「大事な署名は必ず手書き」という事を頭に入れておく必要があります。また、ワープロで作成した退職願・退職届でも、封筒に入れた宛名は手書きの方が望ましいです。あくまで退職理由等の中身をワープロで打という感じで覚えておきましょう。

Letters 772504 1280

手書きの場合はハッキリとしたペンか万年筆で作成する

手書きの場合は、ハッキリとしたペンもしくは万年筆で作成しましょう。最近よくある消えるボールペンなどは使わないように気を付けてください。

どちらにしても内容に間違いは無いか、形式や書き方をキチンと守れているかをチェックすれば、そんなに緊張する事はありません。丁寧に作成するのが何よりも大切です。

退職願は手書き・ワープロどちらでも良く内容が大切!署名や宛先は自筆で書こう!!

退職願や退職届は、近年ワープロで作成する人が増えていますが、決して手書きでもマナー違反には当たりません。大事な署名部分はもちろん手書きで、あとは自分の得意な方で作成して良いのです。

大事なのは形式や書き方をキチンと守れているかです。事前に退職願・退職届の書き方を調べておき、ワープロか手書きの自分の得意な方で、マナーを守った退職願・退職届を作成してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス