試用期間中に辞めたい時の退職届の書き方と提出法

試用期間, 退職届

試用期間中における退職届の書き方とは

Office 730681 640

会社に入社してから3ヶ月間は、試用期間としている会社も多いですね。その試用期間中に、今後もその会社で仕事を続けていくかどうかを会社側が確認をして、双方の合意をもって正式採用となります。

では、試用期間中に会社を辞めたくなった場合、退職届はどのような書き方で作成するのでしょうか?

退職届の書き方は正式採用以降と同じ

試用期間中だからと言って簡単に退職できる訳ではなく、退職を希望する際には正式な手続きを経て退職しなければなりません。試用期間中にできるだけ早く退職したい場合は、退職届の書き方を調べ、事前に退職届を作成しておきましょう。

試用期間中でも、退職届の書き方は、正式採用以降と同じです。退職理由の項目には、「一身上の都合により」と記載しましょう。自分の感情や体調の変化など、詳しい理由を退職届に書く必要はありません。退職願とは違い、退職に関する正式な文書になるので、試用期間中であっても各会社の規定に従った退職届の書き方をしっかりと守りましょう。

また、分からないことがあれば、総務の方や上司などにきちんと聞き、滞りなく退職届などの書類を提出をしましょう。

退職届は書いたらすぐに提出してもいい?

試用期間中における退職届の書き方について説明しましたが、作成した退職届はどのように提出するのでしょうか?退職届を作成したら、すぐに提出しても問題ないのでしょうか?

試用期間中における退職届の提出法をについて説明しましょう。

試用期間中でもすぐに退職はできない!会社の規定に従い迷惑をかけないようにしよう

退職届の書き方も重要ですが、提出法も大切です。提出に関しても書き方同様、会社の規定に従いましょう。

一般的には、まず退職したい旨を担当者や上司に伝えて、退職日を決定します。社会保険などの手続きが終われば、退職届を提出して手続きはすべて終わります。退職届の書き方は、早めに会社側に確認しましょう。

試用期間中だからといって、退職したい旨を伝えたその日に退職することはできません。業務の引き継ぎや守秘義務に関する誓約書への署名など、複数の段階を踏んで退職に至るのです。退職届の書き方を会社からしっかりと学び、自分勝手な行動は慎みましょう。

退職届の内容には、退職理由しか記載しません。これは退職届を提出するまでにほぼ手続きが完了しているためです。試用期間であるなしに関わらず、退職届の書き方を押さえておいて、スムーズに退職できるようにしましょう。

退職届を提出するタイミングについて

試用期間という短期間であっても自分を雇用してくれた会社に対して、礼儀を持って接しましょう。どうせ辞めるから、と言って投げやりに退職手続きを行うのはよくありません。試用期間中であっても、会社の迷惑にならないように注意しましょう。

退職届はどのタイミングで提出するべきでしょうか?

Writing 828911 640

民法上では退職日の二週間前までに退職届を提出すればよい

民法では、退職届は退職日の二週間前までに提出しなければならない、と定められています。会社によっては、一ヶ月前までに退職届を提出をしなければ、退職を認めないと就業規則で定めている場合がありますが、この場合は民法が優先されます。

試用期間中であっても退職予定日に退職させないようなことは許されません。ですが上司としっかり相談し、決められた分の仕事は、退職日までにちゃんと終わらせることが社会人としてのマナーでしょう。

提出する際は一言声をかけた上で退職届にも一言添えよう

また、退職届を提出する際ですが、

「所定の手続きをしていただきありがとうございました。このような結果となりましたが、ご縁がございましたらその時はよろしくお願いいたします。」

と一言挨拶を添えて提出しましょう。試用期間中であっても、退職することで迷惑がかかるのだということを覚えておきましょう。

また、退職届の丁寧な書き方としては、退職理由の下に、「短い間でしたがお世話になりました。」と小さく書くことでより気持ちが伝わります。

試用期間における退職届の書き方と提出法は規定に従い円満に退職しよう

試用期間中に辞めたい時の退職届の書き方と提出法についてご説明しました。

試用期間中であっても、雇用契約は成立しており、賃金を支給してもらって働いています。必ず、会社の規定に沿った退職届の書き方と提出方法を守り、最後まで礼儀正しく手続きを行いましょう。

試用期間中に退職することは一見簡単に見えますが、試用期間といっても退職届の書き方は正社員の退職と同じようにしっかりと守ってください。

上司の方と話し合いの場を持ち、気持ちの良い退職の仕方ができることがベストです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス