転職先が合わない!仕事を「辞めたい」ときの究極の選択肢3つ

退職

辞めたいと思った時の選択肢①:一旦保留にして冷静になる

Tie 690084 640

転職先の社風が合わないなど、転職に失敗したと感じてすぐに辞めてしまう人がいます。 しかし、雰囲気や社風が合わないという理由で、転職後にすぐに退職することはおすすめ出来ません。再転職しなくとも、問題を解決できる場合もあります。辞めたいと思っても、少し踏みとどまって解決策を考えてみましょう。

一時の感情に流されているだけかも

社風が合わないために一度「辞めたい」と思うと、何でも悪い方へと考えてしまいます。合わない社風よりも現実を直視して、自分を落ち着かせましょう。楽しかった思い出を中心に振り返ると、転職した会社の魅力を再確認できるかもしれません。

再転職の必要性は気持ちが落ち着いているときに冷静に判断する

「社風が合わない。この会社をすぐに辞めたい」と感じている時は、辞めない方が無難です。ネガティブ思考の時に辞めると、再就職が困難になります。会社の良い所を探し、落ち着きましょう。良い所を探して落ち着いた後で、今の会社の嫌な部分を考えてください。

再転職の必要性は、気持ちが落ち着いているときに冷静に判断するのが吉です。

辞めたいと思った時の選択肢②:試用期間中に思い切って退職する

辞めたいと思ったら、転職直後でもすぐに辞めるという選択肢もあります。しばらくは我慢して、様子見をした方がいいことに変わりはありませんが、これもケースバイケースです。ただ、やっぱり中には悩んで迷ってしまう方が多いようです。

短期職歴を作るリスクを考えよう

嫌な会社でも、選択肢として1年以上勤めてから退社することをおすすめします。 自分に合わない、どうしても辞めたいと思っても1年以上勤めてから、「退職することになってしまい、残念です」というポーズをとり円満退社しましょう。

同じ業界での転職には注意しましょう。短期間に同一業界の転職を繰り返すと「すぐ辞める人」と認知され、ブラックリストに載ってしまいます。意外と世間は狭いので、「あの人はまた転職した」と噂になってしまうこともあります。

他の業界への転職であっても、短期職歴を作ると企業からは「長続きしない人」と思われ、転職が不利になります。転職後に辞めたいと思ったら、短期職歴を作ることのリスクについて考えてから、再転職を決めましょう。

「この会社は合わない」という確信を得たら試用期間中に行動を

求人情報を見ている時点で、答えは出ています。日が浅く背負うものが少ない転職直後の試用期間中は、決断する良いタイミングです。

転職活動は簡単ではありません。空白期間を作る、新たに勉強するなど、退職後すぐ転職活動をしないという選択肢は辞めておきましょう。転職に対する危機感や必死さがあるなら、転職直後に辞めても問題はありません。辞めた後の行動力と運がキーポイントですね。

辞めたいと思った時の選択肢③:一度休んで心と体をリフレッシュする

Student 849825 640

衝動的に辞める前に、まずは休みを取るという選択肢もあります。今すぐ辞めたいと思っても少し休んで落ち着いてから、社風が合わない会社を辞めるかどうか、考えるという方法です。

多くの方は、社風が合わないからすぐ辞めるか、辞めたいと思いつつ無理をして続けるかの2択になっている人が多いのです。3つめの選択肢として「会社を休む」ことも考えてみてはどうでしょうか。

友達と会って話す

「学生時代の友達にならどんな事も話せる」とよく言われます。話題を選ばずに話せる相手と会うことで、気分を変える方もいます。再転職について相談してみるのも良いでしょう。

ただし外出先で飲む際は、周囲の人に話を聞かれる可能性があります。会社名などは出さないように注意しましょう。

気分転換に運動をする

体を動かすためにテニスを始めるなど、打ち込めるものを見つけて気持ちを紛らわせる方もいます。仕事だけしていては、新しい出会いを逃します。スポーツをきっかけに、恋の相手をGETすることもできるかもしれません。

旅行で気分をリフレッシュする

遠出するだけでも、気持ちを切り替えるきっかけになります。休みを取る余裕がない場合はマッサージに行って、仕事で疲れた体を癒すだけでも気分転換になるでしょう。旅行で気分をリフレッシュすれば、会社や社風に対して新しい考え方が出来るでしょう。

辞めたいと思った時の選択肢④:転職を考える

9a2f6d9af2640bc4

辞めたいと思うほどの会社にいても、ストレスがたまるだけです。ストレスがたまると仕事に集中できなくなることも考えられます。そのため、辞めたいと思ったら転職を視野に入れることを考えてみるといいかもしれません。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれます。転職を完全に決意していなくても問題ありませんので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

転職先の社風が合わず辞めたいと思ったら気分転換をして冷静になってから決める

転職後に社風が合わず辞めたいと思った時の3つの選択肢についてご紹介してきました。

転職してすぐの時期に、「この転職は失敗だった」と考え、仕事を辞める選択肢を選ぶのは基本的にNGです。3つの選択肢があることを念頭に置きつつ、まずはもう少し様子を見るつもりで、転職先で仕事を続けつつ問題解決をはかりましょう。

それでも上手くいかないなら、休みを取り会社から離れましょう。社風が合わない会社で仕事をするなら、1度休んで気分転換しましょう。気分転換により、会社や社風に対する考え方が変わる可能性もあります。

短期間で転職を繰り返すようにならないためには、すぐ辞めたいと思っても、まずは自己分析を行ってから少しでも状況が改善するように、次の行動に移るようにすると良いでしょう。

▼コチラもあわせて要チェック!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年9月26日転職