転職の面接には何を着ていく?服装例まとめ

服装マナー

まずは転職の面接にふさわしい服装を確認しておきましょう

迷った時は基本に忠実に。転職の面接だからと特別なことをする必要はありません。面接官はファッションショーを見ているわけではないのですから、清潔感があり、誠実さが伝わる服装をすれば大丈夫です。

面接の服装はスーツが正解

面接の基本の服装は、男女問わずスーツです。就活のように、リクルートスーツといった横並びのものにする必要はありませんが、派手目の色味は避けるようにしましょう。男性はスーツの色だけでなく、ネクタイにも気を配りたいですね。また、シャツは白でなくてはならないわけではないですが、柄の入ったシャツなどは、避けておきましょう。また、女性はスカートでもパンツでもどちらでも構いません。スカートの場合は、あまり短すぎないように注意したいものです。そして、胸元が大きく開いたインナーや、色味の派手なシャツなどは着用しないようにしましょう。

私服で面接をする会社も増えている

これまで、転職面接はスーツを着用して受けるのが基本でした。しかし、近年は、私服で面接をする企業も増えています。しかし、私服でOKだからといって、遊びに行く時のような格好をしてはいけません。短パンやサンダルはNGです。また、肌の露出のある服も避けなければいけません。あくまでも転職の面接だということを忘れないでくださいね。転職の面接では、服装による第一印象で、面接の合否を左右してしまうことも十分にありえます。第一印象で、悪い印象を与えないようにすることが大切です。

転職の面接は適切な服装で!

転職面接の際は、就活と違い少しバリエーションの幅を広げても良いとされています。しかし、重要なのは面接官が受ける印象です。スーツであっても私服であっても、清潔感を最優先して、悪い印象を与えないように注意しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月15日転職