会食後のお礼をメールで出す場合のマナーと注意点

お礼, 会食

会食のお礼メールには大まかな流れがある

Entrepreneur 593372 640

一口にお礼のメールと行っても、目上の相手にどんな言葉を使い、どんな文で送れば良いのか戸惑う方もいるのではないでしょうか。とりあえず大まかな流れとしては、相手の名前→簡単な挨拶→お礼→会食のときの思い出など→締めの言葉、というのが一般的なようです。

自分の言葉で気持ちよくストレートに伝えよう

まず最初に相手の名前は「〇〇様」「〇〇先輩」など。

挨拶は「お疲れさまです」や「昨日はお世話になりました」などのちょっとした一言から「ますますご健勝の事とお喜び申し上げます」などの少々固い挨拶を使う事もあります。

そして続くお礼の言葉が「昨晩は本当にありがとうございました」「お食事までご馳走していただき、本当にありがとうございました」などです。

その後「相談に乗っていただけて嬉しかったです」「ついつい飲み過ぎてしまいました」「とても素敵なお店で心から楽しむ事が出来ました」などのその時あった事、思い出のような事を一言入れると印象も違います。

最後に「取り急ぎお礼まで」「重ね重ねありがとうございました」「またよろしくお願いいたします」などの言葉で締めくくります。時と場合により言葉は様々ですが、大事なのは自分の言葉で、気持ちをストレートに伝える事です。

会食のお礼メール例①先輩が相手の場合

〇〇先輩 お疲れさまです。

昨日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。

大変参考になるお話がたくさん聞け、また自分の相談にも乗っていただけて本当に有意義な時間でした。

その上お食事までご馳走していただき本当にありがとうございます。

先輩に勧めていただいた天ぷらは本当に美味しく、自分でも作ってみたくなりました。

これからもなにかとご相談に乗っていただく事があるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

取り急ぎお礼まで。

会食のお礼メール例②取引先が相手の場合

平素より大変お世話になっております。〇〇社の〇〇です。

昨晩は丁重なおもてなしを頂きまして、誠にありがとうございました。

結構なお土産まで頂戴し、重ね重ねお礼を申し上げます。

いつもの会議室とは違った雰囲気の中、皆様と楽しいお話が出来ました事、本当に嬉しく思います。

またご一緒いただける日を楽しみにしております。

今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします

メールで失礼ながら、取り急ぎお礼申し上げます。

お礼メールは24時間以内に送るように注意

お礼のメールを送る際、注意したいのはそのタイミング。少なくとも24時間以内には送るようにしましょう。相手に誠意が伝わります。また、せっかく送ったお礼メールの内容が馴れ馴れしすぎたり、上から目線と受け取られかねないような内容だったりしては返って逆効果ですね。

かといってあまりにもうやうやしく、丁寧すぎてもそれはそれで失礼であったり、せっかく会食で縮まった相手との距離が開いてしまう恐れもあります。

たどたどしい言葉でも心からの感謝の気持ちが伝わればOK!

正しい言葉を選び、適度な敬語を心がけ、感謝の言葉を惜しまず使いましょう。多少言葉がたどたどしくても、心からの感謝の気持ちが伝われば、きっと相手も好印象を抱いてくれるはずです。しかし、あまりのも感謝の気持ちを表すあまり、長文のメールを送ってしまうのはNGです。簡潔に、手短に表現する事を心がけましょう。

会食後のお礼メールで円滑なコミュニケーションを!

会食後のお礼メールで円滑なコミュニケーションを実現させましょう。新社会人になり、きっとこれまでより様々な会食の場が増える事と思います。そんな時、しっかりとお礼のメールを送って印象を良くする事で、円滑なコミュニケーションをはかれるのではないでしょうか。是非がんばって、新しい人脈をどんどん築いて行ってくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス