公務員試験に受かるために有利な資格

2017年1月16日公務員, 資格

公務員試験における有利な法律系の資格とは

Books 552572 640

公務員試験で有利になる資格とはどういったものがあるのでしょうか。これを考える際に押えておきたいのが法律系の資格です。こういった法律系資格は取っておいて試験場、損ではないですし、筆記試験対策になる事もあります。加えて実際に業務についた時もこういった法律系の知識には大いに助けられるので有利な資格です。

まずは行政書士から始める事で合格に有利!

そんな法律系資格の中で取っておきたい資格は程度が高ければそれだけ有利となるのですが、学生が司法書士や税理士といったものを取るのは困難でしょう。まずは行政書士から初めて時間が許せば宅建などの中級資格も取っておくと大変法律系の資格としては良いでしょう。特に上級資格だと他の受験者よりも有利に合格に近づける事は確かです。

英語能力は公務員でも重視されている

どんな公務員試験でもある程度有利になるのが英語の資格です。こういった英語能力は大変公務員でも重視されていて、外国人も多くなってきているので特に若い間は英語ができると公務員では重宝されます。

英語を活用する役所では英語能力は必須

そんな英語資格で取っておきたいのは英語検定能力試験の2級以上で1級はかなりの勉強が必要なので準一級を取っておくとよいでしょう。英語の資格には色々なものがありますが、ある程度認知度のある資格をひとつとっておけばよく、先に上げた英語検定能力試験は最もハズレがなくおすすめできるものです。また外務省といった特に英語を活用する役所ではこういった英語能力が必須となる事もありますから、勉強のためにも必ず取っておきたいものです。

公務員や役所などの試験毎で異なる有利な資格とは

他にも試験毎に有利となる資格は存在します。例えば公務員の下級資格や市役所であれば土木や測量系の知識があると大変有利になります。それとともに、一般職公務員や地方の役所での試験では事務員としての能力が期待されるので、それに応じた会計や簿記の資格を習得しておくと評価が高いことは押えておいてください。

土木や測量系は一般企業や国家公務員を目指す際にも有利

特に簿記は一般企業に入る際にも、上級の国家公務員を目指す際にも効果を発揮するもので、是非とも公務員試験や民間企業の就職試験の筆記対策の一環として取っておきたいものです。また電気主任技術者や建築士と言った資格があるだけでほとんど合格を目指せる有利公務員試験もありますから、こういった資格があるならば目指してみる価値はあるといえるでしょう。

英語や法律系の資格は公務員の試験ではハズレなしで有利!

公務員試験では持っておくと役立つ資格があります。その一つが英語の資格で、これは必ず取っておきたいものです。また法律系の資格もハズレがなくオススメで、他にも試験毎に大変有利になる資格があるので押さえておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK