公務員の建築職の仕事や試験の内容

公務員, 建築職

公務員の建築職は公共施設の建造や維持に関わる

Kuala lumpur 170985 1280

どのような自治体であってもたくさんの公共施設が存在しています。それら施設の建設や維持などに関わっているのが公務員の建築職なのです。したがって、その役割はとても重要なものであり、市民生活には大きな影響を与えることになるでしょう。一年中いろいろな仕事が存在しており、暇な時期というのは存在しません。常に需要のある仕事なのです。

大きな都市ほど建築職の数は多い

公務員の建築職は基本的に大きな都市ほど採用人数も増えていきます。そこに住んでいる人の数が多いということは、それだけ多くの公共施設が必要とされているため、それにともなって建築職の数も増やさなければいけないのです。また、建築職には許認可業務がある点も、都市で建築職が必要とされる理由の一つとなっているのです。

公務員の建築職になるには試験を受ける必要がある

公務員試験の中には建築職という区分で採用試験を実施している自治体があります。これを受験して合格することができれば、建築職として仕事ができるようになるのです。倍率や試験内容などについては、各自治体によって異なっているため、自分の興味のある自治体についてよく調べておきましょう。技術職の中でも比較的人気の高い職種です。

建築職の専門科目は専門性が高い

公務員試験には一般教養と専門科目の試験が行われるのですが、このうち専門科目では建築職として必要とされる専門性の高い問題が出題されます。幅広い分野から出題されるため効率よく勉強をしないといけないでしょう。建築士の試験と範囲が被っているため、建築士のための問題集や参考書も役に立ちます。予備校を利用すれば、さらに効率よく勉強できるでしょう。

建築職の待遇は安定性が高い

公務員としての建築職は現在人気を集めています。待遇に関しては特別民間に比べて給与が高いというわけではないのですが、安定性が高いことが人気の理由となっています。公共施設に関してはこれからも存在していくでしょうし、許認可に関する仕事もあるため、建築職の公務員はこれから先も常に必要とされる仕事なのです。そのため安心して働けるでしょう。

建築職では民間から公務員へ転職するケースは珍しくない

建築職については民間から公務員へ転職するケースは珍しくありません。どちらも専門性の高い仕事をしているため、問題なく転職できます。また、民間を経験している方というのは公務員試験においてはとても需要が高いのです。民間で得たスキルやノウハウなどを公務員での仕事にも活かすことができるでしょう。不景気の時代では公務員の方が待遇が安定しているため魅力的だと思う方が多いのです。

公務員の建築職の仕事は公共施設に関わるので試験問題の専門性は高い

公務員には技術職というものがあり、その中の一つが建築職です。公共施設に関する仕事や許認可に関する仕事などを行います。民間から転職する方もいて、人気の高い職種となっています。地域住民に深く貢献することができて、公務員の職種の中でもかなり重要なものといえるでしょう。建築職はこれからも必要となる仕事です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日転職