アルバイト応募の電話連絡が留守電にあった際の対処法

アルバイト

アルバイト応募先からのメッセージが留守番に残っていたらすぐにかけなおそう

Waiting 410328 1280

留守電にアルバイト応募先からのメッセージを確認したら、即時に電話をかけ直すことが重要です。迷っている暇はありません、可能であればその日のうちに留守電にかけ直しましょう。

ただしアルバイト先の営業時間外になってしまった場合はNG。諦めて翌日早々、アルバイト先に電話をするのが正しい選択です。

留守電にかけ直す際は「名乗る」ことが大事

まずは、誰からの電話なのかをアルバイト先の担当者に分かってもらう必要があります。いきなり詫びを入れても、何のことか分かりませんからね。

「先日アルバイトの面接を受けた○○です。」と、はっきり名乗ることが重要です。そしてその後に電話に出られなかったことを詫びましょう。「○時頃にお電話いただきましたが、出られずに申し訳ございません。」と、留守電にかけ直す際は誠意のある対応が必要です。

応募したアルバイト先からの留守電に合否のメッセージが入っていたら….

電話に出られなかった場合、留守電に合否のメッセージが入れられている場合もあります。「合格だったら特別かけ直す必要はない」と思っていませんか?しかしそれは間違いで、きちんと確認した事をアルバイト先の担当者に伝えましょう。

何の音沙汰もないと、相手は誠意がないと思ってしまいます。最低限のマナーとして、留守電の折り返し確認の電話するのが正しい対処なのです。

合格だった場合は電話をかけ直してやる気を見せよう!

合格の場合は、お礼を兼ねた確認の電話をします。まず名乗って詫びを入れてから、メッセージを聞いたことを伝えましょう。

「留守電にいただいたメッセージを聞きました。この度はありがとうございます。」と丁寧に伝えるのです。その後に「精一杯頑張ります」などと付け加えると、やる気を見せることができますよ。

アルバイト先へ電話連絡する際は「切る時」も重要

アルバイトの合否確認に限らず、アルバイトを探す時や決定後も、何かと電話対応が必要となります。電話連絡では、いつも以上にはっきりと相手に分かりやすく話すことが基本ですよ。

なお、最初に名乗る重要性は上記で紹介しましたが、電話を切る時も重要なのです。電話を切る前には「ありがとうございました。失礼いたします。」と言いましょう。丁寧さが伝わり、好感を持ってもらえます。

Talk 845619 1280

相手が電話を切ったのを確認してから切るようにしよう

電話を切るタイミングも、意外と重要です。相手が電話を切ったのを確認してから、通話終了ボタンを押しましょう。先に切ってしまうと失礼なうえに、せわしない印象を与えてしまうので覚えておいてくださいね。

応募したアルバイト先から留守電が入っていたら電話連絡とお詫びの言葉を忘れずに!

アルバイト応募の電話を取り損なったからと言って、落ち込んでいる暇はありません。すぐにかけ直して詫びを入れ、合否の確認をしましょう。

留守電をそのまま放置していると、合格であっても相手に不快感を与え、不合格になってしまう恐れもありますよ。電話が苦手という人は多いでしょうが、勇気を出して連絡してくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職