アルバイト採用の失礼にならない断り方

アルバイト

アルバイト採用の断り方のマナー

Https   www.pakutaso.com assets c 2013 12 ook89 anatanono120131223500 thumb 1000xauto 3986

アルバイトの採用面接をいくつか受けて、複数から合格連絡をもらったなんてときは、採用辞退の連絡が必要になります。そんなときは、マナーを守った断り方をしなければなりません。断り方の基本のマナーを覚えましょう。

採用の辞退は電話での連絡がベスト

現代では、メールがもっとも簡単な連絡ツールではあるものの、重要な連絡や断りの場合は、電話での連絡が鉄則。断り方のマナーとして、電話で連絡を入れるのが常識であると覚えておきましょう。電話をする際は、アルバイト先が忙しくない時間帯を選び、営業時間内にかけるのも、相手を配慮したマナーです。

なるべく早めの連絡を、電話がつながらないなら別の手段を

また、アルバイト採用の断り方のマナーとして重要なのが、なるべく早いタイミングで辞退の連絡を入れること。期間を空けてしまうと、相手に迷惑をかけることになり、あなたの印象が悪くなります。

もし電話がなかなかつながらないようなら、メールや手紙、訪問など、早めにアルバイト先に採用辞退の意思を伝えられる別の手段を使うことも考えましょう。

アルバイト採用の断り方で失礼にならない理由とは

せっかく採用の連絡をもらったアルバイト先に内定辞退の理由を聞かれた場合、失礼にならない理由を伝えるのも断り方のマナーと言えるでしょう。

Japan 217878 1280

アルバイト採用の辞退理由の例①

採用の断り方として、都合のいい嘘を言えばいいというわけではありません。採用の連絡をくれたアルバイト先に対して、誠意を持った対応をするなら、正直に辞退の理由を伝えるのもひとつの断り方です。具体的な断り方を以下にご紹介します。

●もう1社、面接を受けていた企業からも採用の連絡をいただき、通勤時間やシフトの都合を考慮して、そちらで勤務したいと考えました。せっかく採用のお話をいただきましたが、今回は辞退させてください

●ほかに面接を受けていた企業からも採用の連絡をいただき、そちらは将来携わりたい販売のスキルを学べるアルバイトであるため、大変心苦しいのですが、辞退させていただけますか」

アルバイト採用の辞退理由の例②

つづいては、気が変わったなど個人的な理由により、アルバイトの採用を辞退したいときの断り方をご紹介します。もっともらしい理由がない場合に使うといいでしょう。

●せっかく採用のお話をいただきましたが、こちらの都合により、採用を辞退させていただきたいと思います。大変申し訳ございません

また、ケガや病気を患ってしまった場合は、正直に理由を伝えたほうが、相手に誠意が伝わります。

●せっかく採用のお話をいただきましたが、ケガをしてしまい、しばらく勤務がむずかしくなってしまったため、申し訳ありませんが今回は辞退させてください

アルバイト採用の辞退は、なるべく早く失礼のない断り方を

アルバイトの採用を辞退したいときは、誠意のある断り方を心がけましょう。アルバイトとはいえ、仕事は仕事。マナーに則った断り方をすべきです。

まずは期間を空けず、なるべく早めに必ず電話で連絡を入れること。電話で直接お詫びをすることで、申し訳ないという気持ちが伝わりやすくなり、メールや手紙の連絡にありがちなカン違いや未着を防ぐこともできます。

アルバイト先に気まずさを残さないためにも、採用を辞退するときは、マナーを守った断り方を実践してくださいね。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日転職