アルバイトのシフト制とそのメリットとデメリットについて

アルバイト

アルバイトのシフト制について

French cafe 268781 640

アルバイトでよくシフト制という言葉を見かけると思いますが、そのシフト制というのはどういった制度であるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。アルバイトのシフト制とはどういった制度であるのかここで簡単に説明をしますから、これからアルバイト求人を探す時にどうぞ役立ててください。アルバイトのシフト制というのは、曜日や時間帯など働く時間の希望を自分で申告してバイトを入れてもらうという制度になります。

シフト制は事前に休みを申請できるが固定制は決まっている

お店によって少し違ってきますが、次の月のシフトの希望を前の月の15日までに出す、または月末に次の月に前15日のシフト希望を出し、その月の10日までにその月に15日以降のシフトを出す、このような形が多いです。一方で固定制というのは、休みの日が固定されている形になります。毎週水曜と土曜が休み、のように決められていて基本的にはその通りにいつも出勤をします。

アルバイトのシフト制は予定の都合をつけやすい

では次に、アルバイトのシフト制のメリットに関して説明をしていきたいと思います。アルバイトのシフト制とはどういったものであるのかは前述の通りで、シフト制の場合には、自分でシフトの希望を出す事ができます。なので「この日は休みたい」など、自分の都合に合わせて予定を組みやすいと言えるでしょう。自分の時間を優先したりできて柔軟にバイトができるというのは、大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

自分の時間を大切にするならシフト制を

固定制だと休みが決まってしまうので、仮に他の日に予定を入れたいと思ってもなかなか難しいです。もちろん希望を言えば休める時もありますが、何度も頻繁にできるものでもありませんし、その点シフト制よりはやはり自由度が低いと言えるのではないでしょうか。自分の時間を大切にしたいと思っている方にはこのシフト制がとてもおすすめできます。

シフト制のデメリット

では最後にこのアルバイトのシフト制のデメリットについても、述べておきたいと思います。やはり実際に働くとなると、メリットだけではなくデメリットも知っておいた方がいいです。前述でシフト制にはたくさんメリットがあるという事はわかっていただけたと思いますが、デメリットが全くないというわけではありません。基本的にシフト制は自由度が高いという事は間違いありませんが、必ず全ての希望が通るという事はありません。

シフト制でも自分の希望が通らない場合も

シフト制の仕組みとしては自由度が高くても、お店の都合でこの日も出て欲しい、この日は休まないで欲しい、というように自分の希望を通す事ができない事も多くあります。ですから、あくまでも働く店によるという事は知っておかないといけません。このデメリットも知った上で、シフト制のところでアルバイトしてください。

アルバイトのシフト制は休みの希望を取りやすいがそうならない場合も覚悟しておく

アルバイトのシフト制というのは、自分で希望のシフトを出す制度の事になります。固定制とは休みや出勤の日が固定されているのに対し、シフト制では比較的自由に働く日を決める事ができるというメリットがあります。しかし、デメリットとしては全ての希望が通るという事ではなく、アルバイト先の都合によってこの日は出てくれ、休まないでくれと言われる事も多いです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス