アルバイト採用を当日辞退する時の注意点

アルバイト

何社かアルバイトの面接を受け、どちらかを当日に辞退する場合

10 01 21 115 640

アルバイトの採用の電話をもらったけど、辞退したいと思う時は誰でもあります。電話をもらった時に採用の辞退を決めているなら、まだ断りやすいでしょう。

アルバイトの採用を辞退する場合は、迅速に行うことで、断りにくいという気持ちがなくなります。

でも、二社の採用をもらった後に、どちらか一社を断るとなると、採用辞退の連絡を入れるのも緊張してしまうでしょう。でも、きちんと社会人のマナーとして断りの電話をするのが大切なのです。

採用を当日辞退するときは、採用側の気持ちを考えた対応を

アルバイトの合格をもらっていて、最初の出勤日まで決まってしまった場合に、そのまま辞退の連絡をしないで、出勤当日に無断欠勤、つまりバックレなどをしてしまうのは絶対にいけません。それは、社会人としての最低限のルールです。

採用辞退のタイミングは早ければ早いほどいいが当日する場合

アルバイトに行きたいくらいのバイト先というのは、大体が自分が良くしっている店だったりします。

ですから、せっかく大好きな店にアルバイトの面接に行って、採用までされたのに、辞退をしてしまうと、もう二度とその店に買い物に行けない…と感じてしまうかもしれません。でもそれは、一時的なもので、すぐに誰もが忘れてしまうので、気にする必要はありません。

当日辞退の場合もすぐに電話連絡すること

採用が決まったアルバイト先に、やっぱり行きたくないと感じる時でしょう。

どうしても通勤が大変だったり、時給が安い場合などが考えられます。でも、働きだしてからアルバイトを辞めることを考えるよりも、はじめに辞退をする方が賢明です。採用辞退であれば、しばらくすれば忘れられて、お客として普通に接しられますが、すぐに辞めた元店員だと、自分でもそのお店に行くのが気まずいですよね。

採用する人の気持ちを考えた当日辞退をしましょう

アルバイトの面接をして、採用をする人も、辞退は想定の範囲内です。

辞退をしてきても、採用をする人は、それほど苦痛に感じるものではないのです。ただ、辞退をする時の対応が肝心です。丁寧な言葉で、きちんとはきはきと断ってくれたら、それで良いのです。ですから、きちんと思ったことを述べて採用を辞退するのが大切なのです。

Blogger 336371 640

当日辞退の時も難しく考えず、人にされたら嫌だと思うことを避ければいい

誰でも、自分がされたら嫌だと思うことはしてはいけません。

それは、アルバイトの辞退でも同じことです。人の気持ちを良く考えて行動すれば、アルバイトの採用辞退でトラブルになる事は絶対にありません。

当日辞退こそマナーを守った連絡にすべき

採用を当日辞退するアルバイト先とはいえ、マナーを守った連絡をいれましょう。

アルバイトの採用を辞退をする時、自分がされて嫌だと感じる事は絶対にしないようにしましょう。

断る時はきちんと、丁寧な言葉で、辞退を明確に伝えるのが大切です。いきなり、出勤の当日に欠勤をするのは絶対にやめましょう。

人として大事なマナーを良く考えて、辞退をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス