「ご自愛ください」と年賀状で添え書きする意味と使い方

年賀状

「ご自愛ください」の意味と使い方とは

Sketch 694708 640

では最初に、「ご自愛ください」という言葉の意味と使い方について説明しておきます。

「ご自愛」という言葉はほとんどの場合、「ご自愛(なさって)ください」という表現で使われると考えていいでしょう。

「自愛」は「病気などしないように、自分の体を愛おしむ」の意味

「ご自愛ください」の「自」は自分の体のこと、「愛」は愛おしむ(いとおしむ)という意味です。

つまり、「病気などしないように、自分の体を愛おしむ(大切にする)」というのが「ご自愛ください」「ご自愛なさってください」の意味です。

実際には、「くれぐれもご自愛ください」という使い方をするのが一般的でしょう。

「くれぐれも」という言葉を加えることによって、「あなたのお体を案じています」という気持ちを強調するわけです。

年賀状の添え書きとして使おう!「ご自愛ください」は思いやりが増す

年賀状の添え書きで「ご自愛ください」という使い方をすれば「どうぞ、お風邪などひかないよう、ご無理をなさらず、お体を大切になさってください」という意味なので、思いやりが増して丁寧な印象になります。

なお、普段の手紙などでは「時節柄(じせつがら)くれぐれもご自愛ください」と書くことが少なくありませんが、「時節柄」は季節を表す表現ですから、年賀状では不要なので注意しましょう。

目上の方への年賀状で「ご自愛」を使うのはOK? NG?

ふだんあまり使わない「ご自愛ください」「ご自愛なさってください」という言葉だけに、いざ使い方となると「これでいいの?」と心配になるときもあるでしょう。

特に多くの人が、「上司などの目上の人や、社外の顧客などの大切なお客様への年賀状で使ってもいいのか?」という疑問を持つかもしれません。

目上の方への年賀状でも「ご自愛ください」は積極的に使ってOK

目上の方への年賀状に「ご自愛ください」「ご自愛なさってください」と使ってもいいのか。その答えはまったく問題ありません。「ご自愛ください」の「ご」は相手の体にかかる尊敬表現ですから、この言葉自体がそもそも立派な尊敬語になっているのです。

ですから、会社の上司や大切な取引先といった目上の方への年賀状でも使って問題ありません。 むしろ、使い方として目下の人間が目上の人に向けての手紙なので、自然な表現と考えていいでしょう。

目下の人に使っても問題ない

同じように、目下の人に「ご自愛ください」と使うのも全く問題ありません。逆の立場でも「ご自愛ください」という表現は使われるのです。

ただし、この場合は目上の人からそう言われた目下の人が、「身に余るお言葉」と大いに恐縮しなければならないのがマナーです。

なお、女性の場合は「ご自愛くださいませ」という語尾にしたほうが、やわらかい印象になるでしょう。

年賀状で使える「ご自愛ください」と同じ意味の別の言葉

最後に1つ、年賀状で使える「ご自愛ください」と同じ意味の別の言葉を紹介しておきましょう。

「ご自愛ください」と同じ意味のもので別の書き方もできるのです。

いつもいつも「ご自愛ください」じゃ芸がないな、という方はこの使い方を試してみてください。

Ook89 anatanono120131223

「御身くれぐれも大切に」

一つは「御身(おんみ)くれぐれも大切に」という表現です。「自愛」の意味を、よりストレートにあらわした表現方法ということになります。

使い方としては「御身くれぐれも大切になさいますよう」という語尾にするか、あるいは、そのあとに「お祈り申し上げます」と続けるのが一般的です。

「お身体おいといください」

もう一つ、「お身体おいといください」という表現もあります。「おいとい」は「お厭い」と書き、いたわる、大事にするといった意味があります。

頭に「何卒」とつけるとより丁寧な表現になりますよ。

年賀状の書き添えとする使い方で「ご自愛ください」を付け加えれば思いやりが増した文章に!

今回は、「ご自愛ください」を年賀状で添え書きする意味と使い方について見てきました。

「ご自愛ください」の意味は「お体を愛おしんでください。大切になさってください」という意味で、年賀状では書き添えとして使えば思いやりが増した丁寧な文章になります。

また、「ご自愛」は尊敬の意をこめた表現ですから、目上の人に対して積極的に使うべき言葉でもあります。ちょっとした心遣いで年賀状をグレードアップできるポイントですから、是非実践してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス