ボールペンはNG?年賀状で上司を感心させるペンの種類

2016年12月8日上司, 年賀状

ボールペンはNGなのか!?

Blackboad

年賀状の手書きと考えたときにボールペンを思い浮かべる人っていませんか!?そういう方は少し考えてみましょう。もしかしたら、それはNGな事かもしれないので、気をつけましょう。

ボールペンで年賀状を書くのはあまり好ましくない

一般的に、ボールペンで年賀状を書くのはあまり好ましくないと言われています。

ボールペンで書く字というのは、一定で、筆などのように、細い字や太い字を使いこなすことが出来ず、その祝いという字なども細い字になり気持ちが伝わりづらいからです。

また、そういった一定の字というのは、事務的な印象になって見えてしまうため、ボールペンで書くことはあまり良くないとされているようです。

重要なのは「気持ち」が伝わるかどうか

もちろん、ボールペンで書くのが絶対にNGというわけではなく、あくまでも「できればボールペンは避けた方が良い」というレベルです。

重要なのは「気持ち」が伝わるかどうかなので、日常的に使っているボールペンでサラサラと書いた文字は、気持ち伝わりにくいとされているのです。

デキルと思わせる年賀状にするには筆ペンが理想

デキルと思われるのはやっぱり筆ペンです。

手書きの部分に使用するペンの種類はもちろん、年賀状で上司にデキルと思わせるテクニックをお伝えします。

特に宛名書きは筆ペンが好ましい

当然、デキル社会人だと上司に思われたいのなら、筆で年賀状を書いた方が、数段に良い年賀状になると思います。

ただ、でも筆ですと墨汁など用意が必要ですよね!?

そんな時に良いのが筆ペンなんです。筆ペンでも、字の線を書き方で、自由に表現できますし、筆の味がしっかり活かせますので、デキル社会人の一歩として、是非筆ペンを活用してみてください。

パソコンソフトで年賀状を作る方法も

近年では、パソコンで年賀状印刷をする人も増えています。年賀状で写真などを贈りたい場合には、やはり印刷の方がキレイに見えるので、この方法も決して間違いではありません。

最近では自宅にパソコンやプリンターがない人でも、年賀状印刷を請け負ってくれるサービスも多数登場しています。

必ず、手書きで一言添えることが大事です

年賀状をパソコンで全て印刷する場合は、空いている部分どこでも良いので、手書きで一筆を加えましょう。その方が気持ちが伝わりますし、印刷しただけの年賀状はどうしても事務的な印象を与えてしまいます。

この場合も、できればボールペンではなく筆ペンで一筆添えましょう。

年賀状を送るときにデキると思わせるペン&ポイントまとめ

総合的なまとめとして、上司や目上の方へ年賀状を送るときには、ボールペンでの手書きは好ましくないという結論になります。やはりボールペンでの年賀状だと、あなたの想いが伝わりづらい年賀状になってしまいますので、デキる社会人としては、やはりしっかりとした、毛筆や筆ペンで書く事が望ましいですし、感心もされます。

そして、当然のことではありますが、できる限りきれいで読みやすい字で書く事を心がけましょう。

そうすることで、新しい年の仕事もスムーズに出来るようになりますし、上司もあなたの見方が変わるものになると思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月8日ビジネス

Posted by BiZPARK