うるさい上司を黙らせる方法

コミュニケーション, 上司

自己愛の強いうるさい上司を黙らせる方法とは…

10 01 21 115 640

権威主義の上司に対しては、上司よりも偉い人を引き合いに出せばOKです。自分が特別だと思っている上司は、とにかく褒め殺しましょう。

有名人・学者などの格言だと意外と黙る

人の話を聞く気もなく、自分と異なる意見を言うとすぐに怒るのがこのタイプ。

どういったことにも、「誰が賛同しているのか」「誰が言っているのか」が重要な基準となります。

なので、このタイプのうるさい上司には、有名人の名前、学者など専門家の肩書き、大手雑誌や新聞の記事、人気テレビ番組を引き合いに出して、こ説明すると、意外とスムーズに説得できまし、黙らせることができます。

時には褒めるのを忘れずに!!

時々褒めるようにして持ち上げるのは効果大です。今日のスーツ、「さすがですね。」「凄いですね」とか。褒めようのない人でも、何かを探して褒めるようにしていくことで、関係も深くなり、扱いやすくなります。

人に合わせて流されやすく、うるさい上司を黙らせる方法がある!?

人に合わせる、周囲に流されやすいタイプの上司には「皆そうだ」と、いかにも大衆の意見のように言えば問題ありません。

情に弱い上司なら、普段から根回しをしておいて信用を得ておき、情に訴えるという手段もあります。

周りの声を上手く利用すると◎

人に合わて流されやすく、うるさい上司は、自分の意見は特になく、まわりに意見に流されやすいので、

「みんながそうしている」「今、これが流行っている」という言葉に弱い傾向にありますから、これらの言葉を使って、自分の提案を伝えれば、意外とすんなりと納得してもらえます。

データや数字に弱いうるさい上司を黙らせる方法って!?

データや数字を出せとうるさい上司の場合は、その通りにしてあげるといいでしょう。信用性の高い情報を持ってくると、説得がうまく行きます。

Soul 623424 640

科学的な体裁を整えたものが大好きだからこそ

もっとも厄介な上司が、このデータや数字に弱いうるさい上司です。そんな、データや数字に弱いうるさい上司を黙らせる方法ですが、そのデータや数時を利用しましょう。

数値やグラフなど科学的な体裁を整えたものが大好きですから、簡単にそういったものを信じ込みやすいです。

ですので、自分にとって都合の良いように加工した、わかりやすいグラフや表、パーセンテージを見せつつ、専門的で良くわからない数値を混ぜて説明すると、話が通りやすく、黙らせることができます。

うるさい上司を黙らせる方法を上手く利用して付き合っていこう

いかがでしたか!?

今回、ここでうるさい上司を黙らせる方法について紹しましたので、是非参考して欲しいですが、このビジネスシーンの中で、うるさい上司も含めて、人間関係が非常に大事になってきます。

人間関係を上手く築いていき、仕事をしていくことも、社会人として、必要な能力ですので、理不尽に思うことも沢山あると思いますが、自分で上手く立ち回れるように、努力していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス