【上長と上司の違いとは】気をつけたい使い分け方を紹介

上司, 上長

上長の意味は年齢や地位が上の人

Stylish 916502 640

上司の同義語である上長の意味は年齢や地位が上の人であることです。別の読み方では長上ともいいます。「上長の指示を仰ぎましょう」という意味としても使われます。その違いはあまり少なく、本質的に同じ意味であることが多いです。ただ年齢も上であるという部分がそこに加わっているポイントがあります。直属の上司のことを上長とよんだりすることもあります。

上司の意味は役職が上位の人物で上長と大きな違いはない

上長と上司の違いは比較してほとんどありません。基本的な意味としては、ほかの人より、役職が上位の人物。上の役のことです。上司の許可を得るなどという表現も成されます。

そのほかには官庁の上級官庁というものも上司と呼ばれます。上を司るという頭脳、頂天(仕事のトップ)の仕事として与えられているものでもあるのです。

上司は頭目・主任・部長など様々な同義語がある

D033b8b241d65bf7

上司のその意味としては、管理を行いその決定を下す人物のことを表現します。言葉の同義語は、元締、元締め、監督、親分様、ボス、大将などがあります。そのほかにも部族や一門のリーダーとして、上長、巨魁、頭目、主任、部長、首長、主席、主長、総帥、チーフ、主任者、大将、主謀、親分、首席などの表現もあります。このようにすべてのもののトップとしての仕事を意味する言葉なのです。

その他上司の同義語はチーフ・頭領・親方

上司・上長のほかの意味としては、・チーフ・頭領・親方・リーダー・職長・棟梁・リーダー・主任者・ボス・頭首・所長・フォアマン・主任 ・上役・場長などの意味があります。上司というだけでも様々な言葉や表現をもちいるのです。「私は社長ならば、きみは経営部長だ。あの人は専務だ」というような表現についても同じ意味を表す言葉として存在します。

上司・上長の表現以外に「各位」などは書面の上で用いられることが多い

576393c248da0c73

上司・上長の表現以外にもそれとは違い関係者様各位ということばを使われる人々はたくさんいます。各位とはいってもなんだかとても失礼な気がしてしまい、使うことを躊躇してしまう人も。各位という表現は大勢を対象にし各人を敬いいう言葉です。みなさま、みなさまがた。その多くが改まった場や書面の上で用いられることが多いです。

「上司様」「上長様」などは間違った呼び方をしないようにしよう

上司や上長の呼び方にも間違いがあります。「上司様」「上長様」などという表現です。「私のことを書いてある手紙に上司とあったけど、上司様とかいてほしい」と思い込んでいるパターンもありますが、様はつけず、そのまま上司と表現することがほとんどです。各位の場合もそうで各位殿などという表現はされずにそのまま呼ばれます。

上司・上長の違いはないので「上司様」「上長様」などの間違った呼び方に気を付ける

上長と上司の違いと気をつけたい使い方について紹介しました。上司・上長の違いと使い方や違いをしっかりと覚えて意識しましょう。あらゆるコミニュケーションや交流の際手紙やメールをおくる際、間違いで公の場で上司に恥をかかせない、間違いを重ねて相手に不快のないように言葉選びを綺麗に気をつけられる人はとても周囲や仕事場から評価を受け仕事でも一定の信頼を与えられてゆくことができるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年4月25日転職