妊娠による休職で病院の診断書が必要な理由ともらい方

休職, 妊娠

妊婦が休職せずに無理な仕事をすると、胎児にも悪影響

Entrepreneur 593357 640

休職を避け、妊娠したままで働き続けると色々な悪影響があります。妊婦が仕事をする際、適度な運動程度であれば逆に良いですが、長時間労働を伴う仕事やストレスの多い職場だと、胎児の発育には良くありません。そのため、出来ることならば産休前に休職をし、出産に備えていくということが良いのですが、それには問題もあります。

休職するまで有給だけでは足りない

有給によって休むこともできますが、やはり期間が短いのがネックでしょう。妊娠と診断され、出産の数カ月前から本格的に準備したいという際には、妊婦は休職という制度を活用するのが一番なのです。また有給は出産後の復帰時にあると色々と便利なので、できるだけ取っておきたいというのも確かです。

病気による休職にする際には妊娠の診断書が必要

休職はあくまで会社の制度なので、就業規則上、妊娠は「病気」というケースでも休職ができるが、その際は必ず診断書が必要です。その他に病気による休職として取ることも可能です。病気による休職にすると傷病手当金を貰えることもあるのですが、その際には妊娠の診断書が必要になってくるでしょう。

診断書がないと休職時に傷病手当金を貰えない

診断書は休職時に必要となるケースがありますが、病院によっては、こうした理由では診断書を書いてくれないケースが有ります。流産などの危険性があるならまだしも、健康な母体の場合には何も異常はないとして診断書を書いてくれないのです。これは病院によって対応もかわり、病院を変えるとあっさり書いてくれることもありますから、診断書を書いてもらえないからといって、諦めないで試してみましょう。

休職するなら知りたい妊娠・出産の各種助成金

最近では、女性社員のために色々と独自の制度を設けているところが多いです。例えば妊娠と診断されて以降は、妊婦が午前退社出来るなどの、優遇措置がある会社といったようなものがありますので、会社を選ぶ際にはこういった点も大事でしょう。

キャリアが妊娠によって妨げられる事のないようにしている会社もあります。

休職制度を独自で設けている会社もある

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7 m

妊婦は、妊娠と診断されて、出産するまでには色々とお金がかかるものです。しかし、各種制度がこれを助けてくれます。出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金といったものがあり、金額もかなりのものに及ぶので、出産時の不安は少なくなってきています。こういった制度のこともよく知った上で生まれてくる子供のためにも最適な環境を妊婦の方には用意してあげたいものです。

妊娠して休職する際に診断書がないと傷病手当金を貰えない

妊婦は、妊娠時に働き続けるのはよくありません。なるべく体を休ませるべきですが、有給で休むよりも”休職”という選択肢を選んだ方が、傷病手当金が出る場合もありますのでオススメです。

その際には診断書をもらう必要がありますが、病院によって対応が違うので注意しましょう。

会社によっては、独自の制度を設けているところもあります。妊婦の方は休職する前に、各種制度をよく調べておくことをオススメします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス