休職者は知っておきたい年末調整のポイント

2017年1月16日休職, 年末調整

休職中は年末調整で控除を受ける

Money 605077 640

休職中でも年末調整をやってもらうことは出来ます。その際押さえておきたいポイントが控除です。休職しても生命保険料控除や社会保険料控除といったものは出来ますので、欠かさずに申請書類を提出してやってもらいましょう。

休職中の確定申告に押さえたいポイント

確定申告が必要になってくる場合は医療費控除を利用する際です。医療費は最高で200万円控除が期待出来るものなので、うつ病や大怪我などで医療費がかさんだ際には是非とも利用しておきたいものですが、これは年末調整では出来ないので自分で確定申告をする必要があるということも押さえときましょう。

確定申告を郵送でやるポイント

休職中の身には確定申告は荷が重いですが、最近では郵送で確定申告が出来るようになっています。また電子申告といったものも利用ができますのでこういったものを使うことで自分の負担を押さえるのもポイントです。医療費控除が微々たるものでも、少しでも家計の負担を減らすために欠かさずにやっておくことが大事です。

休職中は会社が年末調整を行ってくれない?

休職が長いと年末調整を行ってくれないというケースも有ります。確定申告を個人でするように言われることもあるかもしれませんが、年末調整をすることは給与支払者の義務なのです。もしも会社が対応してくれないといった際には社労士といった専門家に対応してもらうこともポイントです。

休職が長期になった場合の年末調整

一年以上にわたる休職だと全く給料が発生しないこともあります。こういった際には年末調整も形だけのものになります。このように人によって年末調整の意義も違ってきますから、ケースバイケースで確実な対応していくことがポイントです。こういった税金関係のことは放っておくと思わぬ損害を招きかねませんから、しっかりと担当者に話をつけていくとともに自分でも調べていくといったことを習慣づける事が必要です。

休職するなら知っておくべき年末調整のポイント

年末調整は休職中でも受けられます。控除も当然受けられますし、非課税になる傷病手当金のような収入もありますから、こういったことはしっかりと知っておきましょう。また確定申告で対応する必要があるのは医療費控除を利用する際ですが、休職中でも届け出がしやすいようになっています。年末調整は会社の義務ですから、やってくれない場合はしっかりと権利を主張しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK