入社前日に電話をするときのマナーと聞いておくべき事項

入社準備

入社前日に内定先へ電話しても悪印象にはならない

Audience 868074 960 720

入社前に問い合わせる方法は電話かメール、どちらがいいのか迷うと思いますが、基本的にはどちらが悪いというのはありません。まずは電話で質問をして、その際に次回からはメールのほうがいいかを確認すれば問題ないでしょう。

最近の若い人は、連絡手段として楽なメールを選びがち。入社前日にメールではなく直接電話をかけてくるというのは、むしろ「しっかりしている人材」ということで好印象を持たれるものです。電話で問い合わせすると、悪印象にはならないので安心してください。

内定先への電話は長々と話さないのがマナー

せっかく電話をしたのだからと、口実を取り繕うために細かく質問はしない方がいいですね。入社式の開始時間や場所、持ち物について今更確認する人もいますが、無駄ですのでやめましょう。

入社式のお知らせに書いてある通りで、変更がないと分かれば質問するまでもありません。くどくどと電話をするのでは、返って「要領が悪い新人」と思われてしまいます。内定先への電話では、ながながと話さないのがマナーですよ。

気になることがあれば入社前に電話で聞いておく

中には入社式当日に会社に提出する書類に関して、前日になって電話で質問をしてくる人もいます。会社に提出するべき書類は、前日に質問する内容ではありません。入社前日よりも前に解決しておくべき問題なのです。

前日までに、あなたが問題解決をしようと行動しなかったと事が分かると、会社側も「だらしのない人」と思うでしょう。少しでも気になる点があれば、前日まで待たずに早めに連絡することが大切です。

前日までに聞いておくべき事項は入社式の受付時間

地方から入社式に合わせてやってくる人もいることでしょう。入社式の開始時間が分かっていても、会場時間や受付開始時間が分からない場合には、前日に電話で質問してもOKです。

地方から出てくる場合、受付開始時間より早く着いてしまう可能性もあります。早く着いたら時間を潰す方法を考える必要がりますよね。そのため入社前日には、受付時間を聞くといいかもしれません。

中途採用なら積極的に電話連絡を入れる

中途採用の場合には、入社前にフリーな状態でばかりいられないという事情もあります。入社する予定の会社にとっても「無事に退職できなければ入社できない」ことが分かっています。

現状報告と確認の為にも入社前日に電話連絡をしておいた方が無難でしょう。うっかりすると会社の方から「明日大丈夫ですか?」と電話が来てしまい、恐縮することもあるのです。

中途採用は聞きずらい質問も前日までに聞いてみると◎

Books 924780 960 720

面接中では、タブーと言われている質問もいくつかありますよね。しかしそのタブーの質問こそ、入社前に本当に聞いておくべきことだと言えませんか?特に中途採用の場合は、無駄なミスマッチを防ぐためにもあらかじめ確認しておきましょう。具体的にはこんな内容です。

<入社前日までに聞いておくべきこと>

●残業の有無について

●有給休暇の取得率

●離職率

●転勤について

これらは内定をもらう前には聞きづらい質問ではあるものの、実際の働き具合がわかるため気になるのが本音でしょう。入社前日までにこのような情報を聞いておけば、働き始めてから「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ぐことができますよね。

また、面接中に聞けなかったのであれば、入社前に下記の内容も聞いておくべきことです。

●給与/勤務時間

●待遇/福利厚生

●残業代の支給について

入社前日の電話は手短に済ませるのがマナー!当日の受付時間は聞くべき

入社前日に電話をするときのマナーと聞いておくべき事項を紹介しました。会社の人事部は、その年の採用が終わったら入社式を待つだけという時期は比較的時間に余裕があるものです。

前日に確認の電話が来ることで手間取って困るということはまずありませんので安心しましょう。但しそうは言ってもなるべく業務の邪魔をしない様に、入社前日の確認電話は簡潔に済ませられる様に気配りをすることが大切です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職