引き継ぎはスムーズに!退職後のトラブルを回避する方法

2016年12月9日引き継ぎ, 退職

一切の不安もなく仕事を辞めたい!

Gf01a201503291000

退職時の一番の不安要素は「引き継ぎしたあの仕事、大丈夫かな・・・」ですよね?ましてや、トラブルに巻き込まれたくないものです。

仕事をしっかり引き継ぎしたつもりでも、安心できる引き継ぎ術がなければ、退職後も不安は付きまといます。では、どうすれば安心して職場を後にできるのでしょうか?

不安を抱えずに退職するには「引き継ぎマニュアル」を活用する

退職前に期間を設けて、ちゃんと引き継いだつもりでも、伝え漏れや引き継ぎきれていない場合というのは、多々あるようです。その会社で嫌な思いをして、退職を決めた人からしたら、古傷をつつかれるような気持ちで、とてもいいものとは言えません。

不安を抱えずに退職するためには、実は「引継ぎマニュアル」を活用するのがいいとされています。退職後のトラブルを回避するためにも、引継ぎマニュアルを活用して後腐れなく退任しましょう!

引き継ぎマニュアルとは?

会社で業務マニュアルが既にある場合は、それで問題ありません。業務マニュアルがない場合は、少し工夫を入れた文書でまとめておくといいでしょう。引き継ぐ業務の全体がわかるだけで、後任者にとっても安心できると思いますよ。

引き継ぎを効率よく行うために必要な「引き継ぎマニュアル」とは、いったいどのようなものでしょうか?

引継ぎマニュアルは、引き継ぐ業務を階層的に記載したもの

引継ぎマニュアルとは、フォーマットとなっている各項に、業務を入れていけばいいだけのものです。活用することによって、とてもシンプルに引き継ぎが可能になります。

引継ぎマニュアルは、引き継ぐ業務を階層的に記載し、誰が見てもわかりやすいような文書にしましょう。現在の業務と引き継ぎ業務との、適切な仕事配分も記載するといいですね。

引き継ぎでは後任者をフォローが一番重要

後任者への引き継ぎが完了しても、フォローをするようにしましょう!後任者に不安はないか、わからないことはないか、などと声をかけてあげるとベストです。一緒に実践をすることで、業務に対する後任者の理解も深まりますよ。

下記に引き継ぎの際のポイントをまとめていますので、引継ぎの参考にしてください。

後任者の不安を解消して、引継ぎ後のトラブルを防ぐ

Tumblr nqx92jmv3i1tubinno1 1280

・自分のノウハウを押し付けない

・困った時に頼れる日人の連絡先リストを渡す

・よく作る書類のテンプレートを用意する

・業務に関わる人々の攻略法を教える

・後任者の不安をほぐしてあげる

・個人携帯のアドレスを教える

・引き継ぎ相手の質問の答えを文書化する

・関連書籍などは所在を明確にする

・保管した書類や文書にわかりやすい名称をつけておく

以上が引継ぎの際のポイントになります。

後任者の不安を解消するためにも、簡単なテンプレートを用意したり、文書を作成しておきましょう。そうすると、退職後のトラブルを回避できますよ。

引き継ぎマニュアルを活用して後任者のサポートを行い、退職後のトラブルを回避しよう

引き継ぎはスムーズに行って、退職後のトラブルを回避する方法を紹介しました。退職時の引き継ぎにおけるトラブル回避の心得は、引き継ぎマニュアル活用することです。

文書化しておくことで、確認することができます。データでも紙面でも構わないので、カタチとして残しておくことが大事です。不安なく会社を後にできるよう、伝えるべきことはしっかりと伝えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK