新人研修で行う日報の書き方!新入社員が必ず身につけるべきスキル

新入社員, 日報

新人研修で行う業務日報の意義を知ろう

本来業務日報はその日の業務内容や出来事、申し送り事項などを記載しておくものです。新人研修ではその日の研修内容や感じたこと、担当者に相談したいこと等といったように、書き方もラフなものになっています。実際、業務日報の書き方とはいえ、新人研修中は書く事がそこまでないため、面倒に感じてしまうかもしれません。

業務日報の書き方とその意義

業務日報の書き方を新人研修で行うには色々な意味があります。その一つがコミュニケーションツールとしてです。業務日報を定期的に提出させることで、新人研修の担当者は研修生の心情を把握しやすくなります。また、不正などもこういった日報によって明らかになる場合もあります。さらには書き方次第で悩みや不安といったものを解消するのにも、業務日報は役立つのです。

業務日報の書き方次第ではその日を振り返れる

その他にも業務日報を書かせることで新人研修の効果が高まります。業務日報を書くと必然的にその日のことを振り返るようになるので、新人研修内容の復習にも一役買ってくれるのです。どうせ書くのならば業務日報もこのように活用すると良いでしょう。

日報から文章の書き方を学ばせる

それに加えて文章の書き方を学ばせるという目的も忘れてはいけません。仕事ではこういった業務内容を書き留めるといったことが必要になってくるのです。正しい書式による書き方で日報を書いていくといった訓練を重ねていくことはその後の会社人生の財産になってくることでしょう。

業務日報はストレスにならない

業務日報は面倒なものです。業務日誌の内容を駄目だしされたり訂正を求められたりといったように時間を取られることもあります。ストレスのタネにさえなってしまうのが業務日誌です。ただでさえ忙しい研修期間ですから、本当に業務日誌は必要なのかといった疑問も湧いてくるでしょう。しかし、そういった疑問も上記のような意義があると知っているだけでなくなっていくことでしょう。

業務日報は人格面も見られている

業務日報は短い新人研修期間の中では採点上は重要です。新人研修担当者はこういった業務日報によっても研修生を採点することがあるのです。人格面も見られていることがありますから、そのためにたかが日誌だからといって余計なことは書いてはいけません。なるべく模範的な研修生を心がけてしっかりと記入していくことが大事なのです。

新人研修で行う業務日報の書き方は「知ってて当たり前」のビジネススキル

新人研修において業務日報の書き方を学ぶことはどういった意味があるのでしょうか。その一つがコミュニケーションツールとしてです。業務日報を書かせることで研修担当者がより研修生を把握しやすくなるのです。またその日の研修内容を振り返らせたり、文章の書き方を学ばせるおいったこともあります。業務日報がストレスになることもありますが、業務日報も採点されていますjので注意しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス