降格人事を受けた際に仕事のモチベーションを上げる方法

モチベーション

モチベーションを上げる方法①目の前の仕事に集中しよう

A0001 016582

降格した理由や、原因をわかっていても納得できない場合には、いつまで経ってもモチベーションが上がらず、仕事に大きな影響を与えてしまいます。まずは、降格人事に納得できない場合には今一度理由を尋ねましょう。

そして、納得できないのであれば上司の嫌がらせを疑って、それが受け取れる発言をされた場合には録音して証拠として抑えましょう。

気持ちをスッキリさせた状態にしておくのが重要

降格人事に対して納得したり、将来考えることができれば、仕事に対するモチベーションを上げられます。

まずは、降格人事に対して納得できる状況を作りましょう。降格人事を受けた際には、弁解のチャンスを与えてもらえるので、その際に伝えたい事は全て伝えてスッキリした気持ちで次の仕事に取り掛かりましょう。

モチベーションを上げる方法②降格によるメリットを知る

降格というネガティブな内容の人事異動を経験する事で、多くのメリットを得られます。トントン拍子に昇格して出世街道を歩んでいると、部下を思いやる気持ちや基本的なことがわからなくなる場合があります。

一度、部下の立場になることによって、忘れていた思いやりの気持ちを思い出して、部下から慕われる人物になれる可能性があります。

降格人事による悔しさをバネにして仕事ができる

降格人事を経験する事で、その時の悔しい気持ちを糧にして仕事に打ち込めます。昇格してある程度の地位を得たとしても、様々な壁が立ちはだかります。

その時に、降格人事を受けた時の悔しい気持ちを思い出して、それを糧にして壁を壊すことが出来るようになります。

モチベーションを上げる方法③冷静な目で会社の現状を見る

多くの部下を抱え、長い間その地位を守り続けていると、現在の会社に足りない物が何なのかがわからなくなる場合があります。

より、会社のトップに近い立場で仕事をしていると、客観的な目線で会社の現状を把握することができなくなります。一度、地位を下げれば、会社の現状を冷静な目で見ることが可能になるでしょう。

そこで、今後の仕事に活かしていける部分も多いはずです。

Bl007 turibashide20140810500 thumb 815xauto 5454

現場や部下の気持ちを考えよりよい上司を目指す

一度、降格して現場の社員や部下の気持ちを知ることで、より良い上司になれます。そうする為に、自ら志願して降格させてもらう場合もあります。

上の立場になればなるほど、責任ある仕事を任されるようになりますが、それと同時に下積み時代の苦労を忘れてしまうものです。

降格人事をバネに!再度仕事を見直してモチベーションを上げよう

降格人事を受けた際の仕事のモチベーションを上げる方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

降格人事を受けることによって、仕事に対するモチベーションが下がることがほとんどです。しかし、再度自身の仕事を見直して、高いモチベーションを保つことができれば良い仕事に繋がります。

降格人事を受けた時の悔しい気持ちをバネにして、モチベーションを上げることが大切です。降格することに対してメリットを見出して、いつか自分の為になることを信じて、目の前の仕事に打ち込みましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職