雇用形態の違いによる履歴書の書き方【非常勤・契約社員】

雇用形態

非常勤・契約社員でも職歴は必ず記載する

Writing 1149962 960 720

履歴書は、就活者が企業にとって戦力になるかどうかを判断するとても大きな材料です。非常勤でも契約社員でも、職歴は記載しましょう。人事の方は、非常勤や契約社員という雇用形態で働いていたということよりも、就活者がどんな仕事をしていたかを知りたいのです。非常勤や、契約社員で働いていたのが必ずしもマイナス材料になるわけではなく、むしろプラスに働くたケースも多くあります。

職歴の例【非常勤・契約社員】

職歴を書く場合は、以下のように記入する必要があります。

『株式会社○○入社(非常勤)』

『株式会社○○入社(契約社員)』

すでに退社している人は、『株式会社○○退社(契約社員or非常勤)』と言うように書きましょう。

アルバイトの職歴は1年以上続いたときに書く人が多い

Gahag 0058352987 1

では、アルバイトの場合はどうでしょうか。明確には決められていませんが、1年以上続いた場合は書く人が多いようです。

人事は履歴書の中から就活者の情報をできるだけ知りたいと考えているので、長いアルバイト経験を参考にする人事の方は多くいます。

この雇用形態で働いていた理由を考えておく

学生でしたら、学生生活でどんなアルバイトをして、仕事に活用できるかの判断材料になります。この場合、契約社員や非常勤の方も同じですが、面接時にどうしてこのような雇用形態で働いていたかを、聞かれる可能性が高いです。聞かれても困らないように、きちんとした答えを用意しておきましょう。

履歴書の職歴欄に空白の期間があるとマイナスの印象を与える

履歴書において、もっとも印象が悪いのは職歴に空白の期間があることです。非常勤やアルバイトなどの職歴が多くなっても、何もしていないと思われるかは印象がよくなるでしょう。非常勤などの職歴を書く場合は、少しでもよい印象を与えられるように正直に記載する必要があります。

嘘の職歴を書くと「経歴詐称」になり懲戒処分などの可能性がある

短期の契約社員や、非常勤での勤務経験が多くなると、就職に不利になるんじゃないかと懸念してしまう人もいます。けれど嘘の職歴は「経歴詐称」になるため、絶対にやってはいけません。就職後、経歴詐称が分かれば、懲戒処分や解雇処分になってしまうことが考えられます。

詐欺罪や文書偽造罪に問われてしまう場合もある

最悪の場合、詐欺罪や私文書偽造罪に問われてしまう場合もあるのです。実際、就職後にばれてしまったケースは多くあります。履歴書の職歴欄には、きちんと契約社員や非常勤での勤務経験を書きましょう。もし多すぎて書ききれないという場合は、会社や仕事内容などの詳細は割愛して書いて構いません。

非常勤や契約社員の職歴は履歴書に正確に書くべき!嘘の記載をすると経歴詐称になるため注意しよう

雇用形態が非常勤や契約社員だったからといって、必ずしもマイナス材料としてとられてしまうわけではありません。それまで培ってきた職歴によっては、プラス材料と判断されることも多々あります。ですから、職歴はくれぐれも正直に書きましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職