【キャリアアップ!?】海外転勤による出世の可能性とそのリスク

出世, 海外

海外転勤は出世のチャンス!

海外転勤は様々な可能性に溢れています。その一つが出世のチャンスであり、業績の上げやすい海外転勤の方が国内で勤務しているよりもよっぽど点数は稼ぎやすいのです。

特に日本の消費が落ち込み、新興国の勢いが激しい昨今だとその傾向は特に顕著で、進んで海外転勤を希望するという人も珍しくは有りません。 逆に、出世したい人は経験すべき事項とも考えられます。

会社によって海外転勤は出世コースと捉えられる

海外転勤を出世コースの一つとして捉えている会社もあります。

そういった会社では入社したての社員を海外勤務につかせる、というのが当たり前のように行われており、海外勤務から帰ってきた社員の成長ぶりは大きなものがあるとして採用されています。

それだけでなく、若い頃に世界を見ておくとビジネスの幅が広がるということもあり、海外転勤をするのはプラスになる点が多いと言えます。

そのため、帰国後に出世させるケースは少なくないのです。

知っておきたい海外転勤のリスクとは

海外転勤にはこのように出世の手段として捉えられる側面もありますが、やはりリスクは大きいものです。

政情不安や騒乱といった治安的なリスクとしてありますが、それまで海外に行ったことがない人にとって一定期間日本に帰国できない海外転勤は大きな心的ストレスを伴うといったリスクもあります。 逆に、海外転勤したら世界観が変わってそのまま会社を辞めてしまうという人もいなくはありません。

同僚や家族がリスクを減らす

こういった海外転勤のリスクを減らして成功させるのに効果的なのが、信頼できる同僚を現地で作る、もしくは家族を連れて行くことです。

これによって心身の安定も保てますし、現地に溶けこむことも出来ます。 また、リスクが伴う場所や行動を知るということも大切です。現地の知識は十分入れておきましょう。

出世とリスクをどう秤にかけるかは自分次第です。

海外転勤後の進路は出世コースのみ?

海外転勤後はどういったポストに就くことが多いのでしょう。出世コースまっしぐらなのでしょうか。

もちろんそうとは限りません。海外転勤後は骨休めとして閑職であったり、余り忙しくないポストに配属されたりということもあります。

逆に昇進することも珍しくはありません。これも会社の方針次第ですが、前者であったとしても決して悲観すべきではないでしょう。そういったポストに配属されたらゆっくり休養できると思って時間を活用していきたいものです。

気をつけたい長期の海外転勤

時折、海外転勤を何十年もしている人を見かけます。こうなると帰国時期においてリスクが伴います。日本にも帰れず家族を作ることも難しくなってしまいます。

海外転勤には引き際が大事です。あっちもこっちもと海外を転勤し続けて、ズルズル行くことがよくありますから注意しましょう。

海外転勤は出世のチャンスだが、リスクを伴う

海外転勤は出世のチャンスにあふれているものです。会社によっては出世コースとして海外転勤が組み込まれていることもあり、その際はなるべく断らないほうがいいでしょう。

海外転勤にはストレスやカルチャーショックなどのリスクも色々ありますが、そういったものは家族関係や同僚との人間関係を厚くして乗り切っていくことが必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職