市役所で出世する方法と注意点について

出世, 市役所

市役所での出世方法①:昇進試験への挑戦

Entrepreneur 593358 1280

市役所において、目に見えて分かりやすい出世方法は、昇進試験への挑戦になってきます。内容としては、公務員試験の時のように学科試験と論文試験、口頭試問などが多くなっています。大都市などの市役所の場合、書店で昇進試験の過去問を購入する事ができるほどになっており、公務員の場合、常に勉強していかなければいけないと言う事になっています。

昇進試験を受けるメリットは公正な判断で出世できる

昇進試験によって出世ができると言う事は、言いかえれば公正な判断の下、出世争いを行う事ができると言う事になっています。上司の機嫌を取るような事も必要なく、白黒はっきりとさせる事が可能になっています。その為、出世する事ができなかった場合でも納得し、受け入れやすくなります。ただし、勤続年数などが受験資格になってくる事が多くなっています。

市役所での出世方法②:上司による査定

昇進試験と同様、市役所において出世する場合、上司による査定という方法もあります。昇進試験の勉強ばかり行って、人脈もないような人が上司ばかりになってしまっては、困ってしまいます。その為、日ごろの仕事の成果を認めてもらう事ができる方法として、上司の査定で出世する方法も可能になっているのです。その場合、試験とは異なり、上司の主観が入ってしまう場合もあります。

査定による出世は成果を認められていると再確認できる

上司の査定において、市役所で出世する事ができると言う事は、それだけ、日ごろの成果を認めてもらう事ができていると言う結果になってきます。その為、昇進試験に合格するより、嬉しい事かも知れません。また、昇進試験の問題だけ解く事ができても、仕事ができなければ、上司になった途端、困る事が出てくる事になります。そうならない為にも、仕事の経験を積み重ね、上司に認められ出世するほうが良いのかも知れません。

市役所での出世は横柄な態度を見せない事が重要

市役所で出世する場合、昇進試験や上司の査定などによって行われる事が一番になっていますが、そんな出世に直結した事の前に、忘れてはいけないのが、決して敵を作らないことです。そして、横柄な態度を誰にも見せないと言う事が大切になってきます。中には、公務員だからという理由で、偉そうな態度を取る人も中にはいますが、これは、適切なこととは到底言えないことです。きちんと上記の方法を理解しておきましょう。

民間の人と付き合いが多い市役所ならではの理由

公務員が出世する為には、とにかく低姿勢で敵を作らないと言う事が大切です。昨日まで同じ市役所で一緒に働いていた同僚が、市役所を退職し市議会議員になったら、どうでしょう。一気に上司になってしまうのです。その他、民間の人とも付き合いが意外と多い市役所の仕事です。その為、そんな民間企業の人も決して敵に回す事のないように心がける事が大切です。

市役所で出世するには昇進試験と査定による方法と敵を作らない事に注意

市役所で出世する為には、はっきりとしている方法としては、昇進試験と上司の査定になっていますが、それよりも重要な事として、とにかく、誰にでも低姿勢で決して、敵を作らないと言う事が、重要なポイントになってきます。その為、市役所職員だからと勘違いして横柄な態度を見せる事なく、市民の為に一生懸命働く事が一番の出世方法だと言う事が言えるのかも知れません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職