【楽して引っ越す!】転勤族は収納ひとつに対しても気を遣おう

収納, 引っ越し, 転勤

転勤族は「引っ越しやすい収納」を常に意識

転勤族は使いやすい収納よりも、運びやすい収納を意識すべきです。

例えば、大きな箪笥に大量の衣類をギュウギュウ詰めしたりするのはよくありません。

そんなことをしても、いざ引っ越しする段階になって箪笥からダンボールに詰め替えるはめになり、大変な手間と時間がかかってしまいます。転勤族の心得は、引っ越しのしやすい「持ち運びやすさ」が重要なのです。

引っ越しの多い転勤族は収納ケースを日頃から活用

転勤族は、どうせそのうちまた引っ越しすることになるのですから、そのままの状態で持ち運べるような収納を心がけましょう。そんな転勤族におすすめするのが収納ケースの活用です。

ダンボールでも悪くはないのですが、虫がわいてしまいがちな上に耐久性も低く、収納ケースにどうしても劣ってしまいます。

ただし、収納ケースを使う場合はサイズに注意しましょう。大は小を兼ねるなどと考えるのは間違いで、転勤時の引っ越しには小さめのものを選ぶべきです。小さい収納ケースの方が引越し先の押入れがどんなサイズでも収まるので、使い勝手がいいです。

転勤族は引っ越しのために「収納すべきもの」を増やさない

転勤族にとって、そもそも収納すべきものを増やさない事も大切です。例えば、写真や書籍などは紙ではなくデジタル化してパソコンやスマホに保存しましょう。

分厚い本を溜め込んでいるか、電子書籍を集めているのかによって、引っ越しの楽さが大きく変わってきます。

転勤族は収納以前に「購入」は「レンタル」かを考えよう

また、家電や衣類などのうち、使う機会の限られているものは買うのではなくレンタルで済ませられないか考える癖をつけるのも大事です。

使ったものを手元に残したい気持ちは分かりますが、転勤族である以上、あきらめも肝心です。

引っ越し前に!転勤族は収納に気を遣おう

そもそも収納以前の問題として、不要なものは捨てる心がけも大事です。もし前回の引っ越しから未開封なままのダンボールがあるのなら捨てた方がいいでしょう。

もしかしたら使う機会があるかもしれない、もったいない、などと考える人も多いでしょうが、いつか使う日というのは基本的にやってはきません。

使わないのに残すのは、アルバムぐらいにしておきましょう。不要なものを捨てたほうが引っ越し料金を抑えられますし、室内のスペースも有効活用できるようになります。良いことづくめです。転勤族にとって、収納というのはそれだけ大事なことなのです。

捨てられないなら人にあげる

どうしてももったいなくて捨てられないものがあるのなら、捨てるのではなく他の人に使ってもらいましょう。

例えば、リサイクルショップに持ち込んだり、バザーで売ってみたり、あるいは、誰かにプレゼントしてみるのもいいでしょう。

捨てるでも売るでもなく、ただとっておくだけというのが一番よくないと覚えておきましょう。

転勤族に断捨離は大事!引っ越しが頻繁にあるなら収納には気を遣おう!

転勤族ならば目指すべき収納にはしっかりと気を遣うようにしましょう。収納ケースを活用し、そのまま持ち運べるような収納を目指すべきです。デジタル化やレンタルを駆使して物を増やさないようにする姿勢も大切です。また、不要品はどんどん捨てて物を減らすようにすると収納も楽になっていきます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職