信頼できる仲間がいないなら!人と人の繋がりで自分を変える3つの方法

2017年1月16日人間関係

「人と人との繋がり」は何にも変えられない

Pazulu

最近、世の中では「コミュ力」や「コミュ症」などという言葉が流行りよく耳にしますが、これは今の社会がどれほど人間関係を重視しているかを反映しています。

信頼できる仲間をつくるには、人と人とのつながりが大切であり、人と人との繋がりは何にも変えられないものです。これから、そんな人と人のつながりを作るための方法を紹介します。

信頼できる仲間をつくる為の考え方①:自分を打ち明けること

「信頼できる仲間がいない」という言葉を良く聞きますが、その原因は案外自分にあったりします。最初からお互いに信頼関係を作っていけるはずがありません。当然、相手もバリアを張ってきますし、話す内容についても取捨選択をしている事でしょう。

相手より先に自分からオープンになろう

自分が普段だったら言わない様なことや、一般的には悩みごとなどを相手にオープンにして伝え、お互いに共感したり、話し合ったりしていく事で、相手側も次第に自分に打ち明けても問題ないと安心し、話を聞いてもらいたいとオープンになっていく様になるでしょう。相手との距離感で垣根を感じるとしたら、それは相手が作っているのではなく、自分が作っているのです

信頼できる仲間をつくる為の考え方②:相手をリスペクトすること

人間は自分に対して嫌悪感を持っている人、話しにくい人と一緒にいたいと思うはずがありません。つまり、相手が自分に対して好意的に思ってくれている事、すなわち尊重してくれる姿勢があるかどうかは非常に重要です。

Lgf01a201406062300

自分から相手へ好意的に働きかけよう

相手をリスペクトする上で大事となってくるのは、自分の価値観で決して相手を人を責めないこと。そして、相手が何かを失敗したとしても一つの失敗で全て否定しないこと。

相手をリスペクトするためにも、長所を見つける。そんなふうに相手と接していれば、その相手はいつしか信頼できる仲間となります。人と人とのつながりを作っていこうとするのであれば、まず自分から相手へ好意的に働きかけましょう。

信頼できる仲間をつくる為の考え方③:損得勘定を持たないこと

人と付き合う事のメリット・デメリットで付き合う相手を決める事をしていては、結局良い出会いは生まれません。この人からは色々得るものがあるから付き合っておこう、接待しておこう、そういった気持ちでの付き合い方では信頼関係は作られないですし、人と人とのつながりから本当の信頼できる仲間はできないでしょう。

日頃ごろの行いに思いやりを持とう

日頃の小さな行いや、貢献の精神によって誰かを助けてあげるなど、そういった目の前のことに思いやりをもって取り組んでいた結果として、いつの日か信頼できる仲間となっているものです。得を意識して人と人のつながりを築こうとするのは難しいでしょう。

人と人のつながりから信頼できる仲間を作るには損得勘定を抜きに相手をリスペクトしよう

人と人とのつながりや信頼関係というのはまず、自分からオープンに、損得勘定を抜きにして付き合う事が一番の構築方法だという事がわかりましたね。

人とのやりとりにおいては、全ての面において自分からの行動によって様々な点において変化が生まれてきます。自分の一歩で信頼できる仲間作りが出来るという事、今すぐ意識を変えていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK