人間不信になる原因と使える克服方法3つ

2017年6月27日人間関係

人間不信に陥る人が増えている

%e6%82%b2%e9%b3%b4%e3%80%80%e5%a5%b3

人間不信というのはその名の通り、人が信じられないという状態になってしまうことです。人間不信になったら起こる変化としては、周りの人を見る目が変わってしまったり、初対面の人を簡単に信用できなくなったりしてしまいます。そうした人間不信が原因で仕事や私生活に大きな支障をきたしてしまいます。

若者を中心に人間不信に陥ってしまう人は少なくありません。学生ももちろんですが、特に多いのは20代30代の社会人です。社会で人間不信になってしまうと、仕事にも支障が出てしまいます。そうなった時には原因をしっかり知って、適切な克服方法を実践し、少しでも早く人間不信の状態を脱しなければなりません。

どうして人間不信になってしまうのか?

人間不信が起こる原因には何があるのでしょうか。言うまでもなく、社会では人と信頼関係を築く事は必須です。しかし、人間不信になったら信頼など築けるはずもありません。人間不信になってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

人間不信になる原因①:トラウマ

最も多いのは裏切りや酷い仕打ちを受けた経験によるトラウマのようなものが原因で人間不信になるといった経緯です。信じていた人や自分が強く信頼していた人などに裏切られた経験は人間不信をよく引き起こす原因となっています。

このトラウマが原因で、あらゆる人間を信じられなくなり、日常生活に支障をきたすようになります。

人間不信になる原因②:親との関係に問題がある

成長過程で親から満足な愛情を受けなかった人や、自分が困っている時に親に見知らぬふりをされたなどの経験がある人は、人間不信になる傾向が高いと言われています。また、親との確執があり、友好な関係を築けていない人もそれが原因で人間不信に陥る事があります。

仕事にマイナスになるので人間不信になったら克服しなければならない

社会人として仕事をする上で、人間不信になったら致命傷にもなりかねませんので、できるだけ早く克服しましょう。

仕事をする上で常に教わる姿勢を持つ事は重要です。まして、仕事の多くは一人では成り立たないものばかりです。周りの社員との人間関係、お客様との信頼関係など、多くの人との信頼を築いていかなければなりません。そうした時に人間不信というのは、克服しないと大きな足かせになってしまうのです。

ポジティブな要素はないので人間不信は早期克服しよう

もしも自分が人間不信になりそうに感じたら、あるいは人間不信になったら、その原因を理解して、適切な克服方法を見つけ出し、早期に人間不信を克服しなくてはなりません。あるいは自分の部下や同僚が人間不信になっている場合でも同様です。

早々に正しい克服方法を教えてあげなければ、仕事がマイナスに進んでしまいます。人間不信である事にポジティブな要素は無い、という現実を覚えておきましょう。

人間不信の克服方法①:マイナスなイメージを取り除く

Girl 863686 640

人間不信になったら、その原因はマイナスの感情に襲われてしまっている状態なので、それを取り除くことから始めましょう。

克服方法のポイントとしては、できるだけ物事をポジティブに考える事です。あるいは、ポジティブに考えられる環境に身を置く事とも言えます。そうする事で、人間不信というダークな状態が少しずつクリアになっていきます。

例えば空き時間に公園に行ったり、休日に新しい趣味を作ったり。そんなやり方も、人間不信の効果的な克服方法の一つです。

そして、一日の中で、リラックスする時間を作るようにします。心が荒れたり、耐えきれないほど悲しくなったりしても放っておきます。これらは毒を清算する手段です。

負のイメージから抜け出す為に環境を少し変えてみる

人間不信になったら環境を変えるというのは、これまで付き合ってきた自分を知っている人たちではなく、できるだけ無関係な人とやりとりをしてみるという事です。

可能であれば、住居も引っ越してしまえるとより効果的です。

人間不信の至った場所に身を置いておくと、どうしても負のイメージから抜け出しにくくなってしまいます。過去の束縛から解放されるためには、思い切って知らない土地に移るくらいの行動が望ましいでしょう。

人間不信の克服方法②:一度考えを整理する

人間不信の原因を克服するにあたって、他人との関係を一から見つめ直してみるということも大事です。気持ちを入れ替えて自分を客観的に見つめる事ができるようになってきたら、自分の考えを整理してみましょう。

人間不信になったら放っておいても絶対に克服はできないので、まずは自分の頭の中で今の人間不信の状態を分析する事が重要です。

他人との関係性を見つめ直すことで人間不信の気持ちが整理される

人間不信の原因を克服するために、他人との関係を今一度見つめ直してみてください。これから周囲とどのように付き合っていきたいのか?人間不信の原因となる出来事に対して回避する術はなかったか?

頭の中で行うのではなく、紙やパソコンに書き出してみると自ずと気持ちが整理されて、自分が目指す道が見え、自己説得していけるようになります。

良い人間関係を築いてきた人たちのことを思い出してみる

人間不信の原因を克服するために考えを整理するには、人間不信になったときの事だけ考えるのはよくありません。とにかく過去に出会った人たち全て思い出してみてください。その中には必ず良い人間関係を築いた人たちがいるはずです。

そうなると、今自分が抱いている人間不信の気持ちが誤りであると気付くはずです。そして、「世の中には良い人もいれば、悪い人もいる」という、ごく当たり前の結論に達することでしょう。

人間不信の克服方法③:少しずつでも信じられるものを探す

もちろん、人間不信になったら、すぐにまた誰かを信じるなんてことはできないと思いますが、少しずつでも何でもいいので、信じられるものを探すというのも大事なのです。

家族や両親、職場の同僚、学生時代の心許せる仲間など、そうした人に話を聞いてもらうのも効果的な克服方法の一つです。

Cc library010011153

視点を変えて人を見る事が人間不信の克服に繋がる

人間不信になるということは、逆に人間を信じたいという気持ちが大きい可能性もあります。まだどこかで人間が好きで、人間を信じたいがゆえに人間不信につながってしまうのです。

では、人間のどこなら信じられるのか、底辺にある少しでも信じられる点を見つけ出して、そこから少しずつ人間への信頼のピラミッドを築いていけばいいのではないでしょうか。

人を見る目を磨いて人間関係を広げる

裏切られて人間不信になっても、その経験を通して人を見る目が磨かれます。そして今後、人を見極めるスキルとして有効利用すればいいのです。そうすれば、人間関係の幅もグッと広くなり、辛い経験が価値のあるものに変わるはずです。

一度疑い始めると、疑い癖がついてしまいます。そうなると辛いのは自分です。これまで大切に思ってきた人まで信じられなくなってしまうのはとても悲しいことです。

家族など信じられる人から徐々にその幅を広げて行きましょう。

人間不信になったら原因を理解した上で冷静に自分と向き合う事で克服しよう

人間不信になったら覚えておきたい3つの克服方法とその原因をご紹介しましたが参考になりましたでしょうか。人間不信はマイナスの要素以外の何ものでもありません。自分の考えが正常通り機能していない、人間不信になっているかも、と思われた方は今回の克服方法を試されてみてはいかがでしょうか。

人間不信の原因を克服するまでは、思いのほか時間がかかるかもしれません。人間不信のすべてをすぐに克服できるとも限りません。しかし、社会で仕事をする上で人間不信というのはどうしても克服しなければならない事ですので、少しでも早く原因を理解して、人間不信の状態を脱出できるように努めましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年6月27日ビジネス

Posted by BiZPARK