履歴書の自己PR欄で人間関係の良さをアピールする書き方

人間関係, 自己PR

人間関係が上手く行かずに転職してしまう人が多い

People 314481 640

転職理由の主な理由に挙げられるのが、職場での人間関係です。履歴書の自己PRで人間関係に関してアピールする書き方をみていく前に、まずは人間関係が上手く行かずにやめてしまう人も多いことを認識しましょう。

では履歴書の書き方の前に、会社を転職した理由をみていきます。人間関係は何位に入っているでしょうか?

転職理由の13%は人間関係が原因

ある調査によると、転職理由の順位は以下の通りになりました。

●1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%

●2位 労働時間・環境が不満だった  14%

●3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%

●4位 給与が低かった 12%

●5位 仕事内容が面白くなかった 9%

●6位 社長がワンマンだった 7%

●7位 社風が合わなかった 6%

●7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%

●7位 キャリアアップしたかった 6%

●10位 昇進・評価が不満だった 4%

履歴書で人間関係についてアピールすべき?

Kids 143022 960 720

仕事をする上で、人間関係の良さは重要なポイントの一つです。人事担当者が判断するのは面接の場ですが、履歴書の段階で人間関係を上手に築くことをアピールできるなら、それに越した事はありません。

企業はコミュニケーション能力がある人材を求めている

企業側は採用をするにあたり、学歴、年齢、スキル、資格、コミュニケーション能力など様々な面を重要視します。しかし、いくら能力が高くてもそれを会社の貢献に活かす事ができなければ何の意味もありません。きちんとコミュニケーションが取れる人材である事をアピールしましょう。

コミュニケーション能力の高さは会社の貢献度に直結

企業が求めているのは、あくまでも「会社へ貢献してくれそうな人材」です。コミュニケーション能力の高さが会社の貢献度に繋がると考えている場合があります。履歴書の自己PRでは出来るだけ人間関係を良好に築けるコミュニケーション能力の高さをアピールしましょう。

履歴書で人間関係をアピールできる書き方とは?

では、具体的に履歴書の自己PRの欄で人間関係に関してアピールするにはどうしたら良いのでしょうか?書き方のポイントをおさえておきましょう。

リーダー経験など具体的なエピソードを添えて書く

Easter 1247634 960 720

書き方のポイントとして人間関係に関する事をアピールするなら、具体的なエピソードを添えましょう。例えば「接客業を経験した事で、初対面の人とでも物怖じせずに話せます」や「前職でのリーダー経験を活かして、新たな環境でも良き人間関係を築きたいと思っています」などで自分を売り込みましょう。

自己PR欄以外も活用する

自己PR欄以外の特技の欄でも人間関係をアピールできます。書き方として端的に述べる事が重要です。例えば「環境の変化に敏感に対応できること」や「初対面の人とでも円滑に人間関係を築けること」などでアピールすると良いでしょう。「社交的であることなどでも問題ありません。

履歴書の自己PRには良い人間関係を築いたエピソードを盛り込むと好印象

履歴書の自己PRでは、良い人間関係を築いたエピソードを盛り込んだ書き方をしましょう。職場でのコミュニケーションや人間関係が特に重要視される昨今良好な人間関係のアピールは採用への大きな力となります。 具体例を盛り込んだ効果的な履歴書の書き方で採用を勝ち取りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職