職場に香水をつけていきたい場合の知っておきたい匂いのマナー

2016年12月15日香水

職場での香水の評判はあまり良くない

Gf01a201502200100

職場に香水をつけてくる人もいますが、実際のところ職場における香水への価値観とは世間一般にどのように思われているのでしょうか。

一般的に、会社に香水をつけていくことについて、やめて欲しいと思っている人は多いといえるでしょう。美容系の仕事の場合は香水を付ける場合もありますが、一般的な事務や営業といった仕事ではあまり良い印象を持たれないものです。自分ではいい匂いだと思っていても、人によって好みが違いますし匂いに敏感な人もいます。オフィスはみんなで共有して使うものですので、できるだけ周りの人のことを考えて香水をつけるのはやめたほうが良いでしょう。

エチケットとして香水を利用するのは良い

そもそも職場という仕事をする場所で香水は必要なのでしょうか。

好き嫌いは個人差がありますが、香水の必要性を訴える意見には共通して体臭対策というものがあります。

香水をつける人の中には、喫煙者の方や体臭を気にしているというかたもいるでしょう。そういった匂いに関する悩みを香水でカモフラージュするためであるなら、つけていくのもアリだといえます。臭いが気になったり周りに不快な思いをさせてしまうかもしれないと思うのなら、エチケットとして香水を利用するという方法もあります。しかし、この2点に当てはまらないのであればつけていかない方が良いでしょう。また、あまり香水の匂いがきつくならないように気を付ける必要があります。

ビジネスシーンで香水をつけるのに適した場所を知っておくことが大切

体臭を消すという目的では香水は効果的です。しかしつける場所によっては汗と混ざり、酷い匂いになることもあるため注意が必要でしょう。特に体臭を消す目的なら、香水の種類とつける場所に気を配る必要があります。

では、香水を付けるならどこが良いのでしょうか。体温の高い場所につけると匂いが強くなりすぎる場合がありますので、そういった場所にはつけないようにしましょう。ライトな香りのものは上半身に、強い香りのものなら下半身にと使い分けるのがおすすめです。上半身なら耳のうしろ、うなじ、肘の裏側、手首などがおすすめです。下半身ならウエスト、内もも、膝の裏側、アキレス腱が良いでしょう。また、接客業や飲食業においては、香水を付けてはいけないという場合もあるので気を付けましょう。

また、香水の種類については以下の通りです。パルファンは点、オードパルファン、オードトワレは線、オーデコロンは面でつけるのが基本といわれています。濃度が低いものほど、広くつけるようにしましょう。

・パルファン

濃度:15~25% 持続時間:5~7時間

・オールドパルファン

濃度:10~15% 持続時間:4~6時間

・オードトワレ

濃度: 5~10% 持続時間:3~4時間

・オーデコロン

濃度: 3~ 5% 持続時間:1~2時間

ビジネスでは香水の付け方や種類に気を付けて周りが不快にならないように気を付けよう

ビジネスでは香水の付け方や種類に気を付けて周りが不快にならないように気を付けよう

職場での香水の使い方についてみてきました。ビジネスシーンにおける香水の使用は、一般的に良い印象ではないということがわかります。しかし、キツクない匂いなら体臭ケアのマナーの範囲として許容されているとのことです。香水を使う際には、付ける場所や匂いの強さに気を配り、周りに不快な思いをさせないように注意しましょう。オフィスはみんなで使う公共の場だということを忘れないことが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月15日ビジネス

Posted by BiZPARK